中山美穂さんの息子の写真・捨てた・会えない理由とは?


前回中山美穂さんが、離婚をしていてその原因が、ご自身の不倫が元と言うことについて述べました。

では、今回は中山美穂さんが、結婚していた当時子供を設けています。

その子供の親権がどちらが取るかで中山さんは、手痛いしっぺ返しを受けることになります。

その事に付いてみていきたいと思います。

その前に、子供さんの事に付いてみていきます。

中山美穂さんの息子さんの名前・生年月日

中山さんには一人息子がいます。

2004年1月に出産しました。

名前は十斗(じゅうと)くんといいます。

年齢は、2017年で、13歳ということです。

中山美穂さんの息子の写真

気になる十斗くんの写真ですが、少ないながら有りましたので参考までに掲載します。

スポンサードリンク

  

【画像】十斗くん

中山美穂さん息子を捨てた?・会えない?

ネットでは、中山美穂さんの息子を捨てた、とか会えないと書かれていたりします。

確かに前回の記事で、離婚をしたことについては、書きました。

「中山美穂さんの元旦那の辻仁成とは?画像・離婚原因は旦那側or妻側?」

離婚をして、夫婦の間に子供がいれば親権がどちらが持つのかは、大きな問題になってくるのは通例です。

では、中山美穂さんの場合は、どうなんでしょうか。

今回は、中山さんが不倫をして夫に対して離婚を要求しているので、おそらくは夫側は妻に対して不義理を働いているわけではないので、夫側が有利に働く物と考えられると考えられるでしょう。

ただ、日本の法律では、妻つまり母親側が有利に働くようです。

このことについては、以下弁護士の弁を参照したいと思います。

「日本の裁判所においては母性優先、監護養育を続けてきたほうが優先という考え方から、父親が親権を持つことはレアケース。

子どもが父親を選んで認められる場合もありますが、基本的には親権は母親とされることが多いようです。

今回のケースで、中山さんが本当に不倫していたとするなら裁判上は有責配偶者(離婚の原因を自らつくった人)の離婚請求が困難なことから辻さんの親権獲得について、中山さんのほうから譲歩されたのかもしれませんね」(『弁護士法人・響』代表の西川研一弁護士)

それを裏付けるように、今までこのブログにおいても離婚したカップルで、母親側が親権を獲得しているケースが目立ちますからね。

宮沢りえさん

「宮沢りえさんの娘の父親は中津ひろゆき?元プロサーファー?」

安室奈美恵さん

「安室奈美恵さんとSAMさんとの結婚と息子誕生・親権」

まあ、これらのケースは、母親側が取り立てて不義理をした物ではないので、前出の弁護士の言う様な感じになった物と思います。

しかし、今回は、夫側が親権を持つ形となりました。

よって現在父親の、辻仁成さんが、息子の十斗くんを育てているそうです。

これが、世間で中山美穂さんは、子供を捨てたと言うわれている原因のようです。

まあ、仕方ないですね。

中山美穂さん側の言い分

こう言う世間の言われように対して中山美穂さんは、不満があるようです。

子供を捨てたわけではないと、言うのでしょうか?
その事に対して雑誌の記事にもなっています。

2014年9月9日号週刊女性2014/8/26

《いちばん私が傷ついたのは「親権を放棄して子どもを捨てた」という言葉です》

ツイッターで《きちんとした媒体でお話させて頂くつもりです》と予告していた中山美穂が、8月16日に発売された女性誌『美ST』で離婚について初めて語った。

スポンサードリンク

「傷ついたと言いながら《親権を譲ることが離婚を承諾してもらうための条件でした》とか《好きな人に出会いました》と書いていますが、相手の名前もないし、一方的な印象。

離婚の前から3歳下で音楽家の渋谷慶一郎氏との熱愛がバレていましたけどね」(芸能レポーター)

つまり中山さんの言い分は、離婚を認めて貰う条件が親権を譲ることだった、だから子供を捨てたのではないと主張したいようです。

しかしこの主張は苦しいように思うのは私だけでしょうか?

このことに対して元夫の辻仁成は、前出の雑誌に以下のように語っています。

「息子と僕の2人の間はロマンでつながってる。日々、互いに頑張ろうぜと言い合ってます」と19日に行われたイベントで語っていた。

離婚直前は“中性化”を揶揄(やゆ)されていたがシングルファーザーとして吹っ切れた様子がうかがえた。

旦那にとってはいい迷惑な話ですね。

中性化が離婚の原因と勝手に世間で言われて。

まあ、離婚してかどうかは解りませんが、この辻さんというのはかなり料理自慢の方のようです。

画像】辻仁成さんの手料理
離婚で手料理の腕前を上げたようで、写真でも見えるように父親業に精を出しているようです。

ハーグ条約??

こうしてみていると中山さんが、一方的に言われっぱなしですが、一様もう一つ理由として考えられるのが、タイトルに出したハーグ条約と言う物です。

ちなみにこの耳慣れない、ハーグ条約とは、一言で言えば、親の離婚後も子供は「元々住んでいた国」で暮らし続けるのが子供にとってベストという考え方らしいです。

ちなみにフランスはこのハーグ条約に加盟しています。

この考え方からいくと、十斗くんは、生まれも育ちもフランスだからこのままフランスで暮らした方がいいと言うことになります。

確かに十斗くんにとっての日本は、全くの未知の国と言うことになりますから当初は大変でしょう。

しかも離婚騒動の中山さんの子供となれば世間からの目は、好奇心で色々見られることもあるでしょう。

そう考えると、子供を最優先に考えての行動だったと、とらえることも出来ます

そうすれば、世間が言っている『子供を捨てたヒドイ母親』と言う見方は少し違った物見見えてくるような気がします。

中山さんも以下のように述べています。

《フランスの法律では離婚をすると親権は半分になります。

周りを見ていても離婚後に親が交互に子育てをしているのが当たり前ですので、私もそのつもりでいました。》

しかし先ほどのような事情から致し方なく身を引いたと考えると上の発言も頷けます。

 また、中山は、以下のようにも言っています、

《息子との関係の中で親であることは永遠に変わらない》

ただ、現在息子さんはフランスで、方や中山さんは、日本ですから息子さんに会うのは距離的に難しいでしょう。

その事が、ネット上で言われている中山美穂さんが、息子に会えないと言われる所以です。

まあ、世間では色々言われていますが、徐々にお茶の間にも見られるようになってきているようです。

今後の活躍を期待したいともいます。

今回の前の記事については以下の頁にございますのでどうぞよろしくお願いします。

「中山美穂さんの若い頃・デビュー当時可愛い・ドラマ・画像について」

「中山美穂さんの元旦那の辻仁成とはどんな人?馴れ初めは?結婚生活は?」

「中山美穂さんの元旦那の辻仁成とは?画像・離婚原因は旦那側or妻側?」

では、今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です