熊田曜子さんの写真集 the greates・売れない理由とは?


前回の記事にも書いたように、熊田曜子さん36冊目の写真集を出したそうです。

それにしても出しましたよね。

36冊も。

まあそれが、仕事だからと言えばそれまでですが。

しかし、結果は大爆死したようです。

その辺を見ていきたいと思います。

熊田曜子・写真集 the greates・売れない?

今回話題として上がっている写真集ですが、写真集『The GREATEST!!』(講談社)です。

【画像】写真集『The GREATEST!!』

今回熊田曜子さんは、かなりがんばったみたいで、本人弁によると「最高傑作」・健在な抜群のプロポーションを生かし、過去最大の露出に挑戦したそうです。

スポンサードリンク

しかし結果は、オリコン「週間 写真集ランキング」(6月5日付)で第7位に初登場しましたが、最終的には、1000部に満たない推定957冊だそうです。

本人としては落胆したことでしょう。

熊田曜子さんとしては2児の母になった後に撮影した物で、ご自身としてはモデルとしてまだまだがんばれると思っていたのがこの結果になり意気消沈したことでしょう。

ただ、このまま落ち込んでばかりはいられません。

今後を考えなければなりません。

そこで、何が原因だったか見ていきたいともいます。

売れない理由は?

以下世間で考えられている理由は、以下の通りです。

その1 熊田自身が行った積極的な宣伝活動が裏目に出てしまった。

今まで触れたように今回の写真集に熊田自身かなりがんばっていた事は触れたとおりです。

そこで熊田さんの積極営業について見てみたいと思います。

自身のインスタグラムで露出度の高い水着写真をアップ

この辺は、定番で別に普通のような気がします。

発売までのカウントダウンを行う。

この辺は、詐欺の情報商材がよくやる手ですね。

この辺まで来ると少しやり過ぎたような気がします。

近年ネットの取り巻く環境は、情報詐欺師が跋扈し過ぎたためにこの手の人種が営業手法に消費者が慣れきって”またこの手で来たか”的に考えてします様に思います。

だから熊田さんとしては不本意でも一緒くたにされてしまったような気がします。

セーラー服姿をアップして話題

これもがんばりすぎたのかな~。

と言う印象ですね。

【画像】熊田曜子さんセーラー服

プロポーションなどは問題ないのですが、恐らく熊田さん自身二人の子供を産んだのでそれが引け目になり、ファンの人たちにまだ私は若いのだというアピールをしたかったのでしょう。

だから若い=セーラー服と言う図式になったのかもしれませんが、これが女性陣から見ると痛々しく見えてしまったようです。

特に同世代のママさん世代からは、総スカンを食らった様です。

もしやるのなら水着でしょうね。

彼女の原点ですから初心に返り水着もしくは、二児の母になったのだから一層のことそこをもっと前面に出してこんな若くて綺麗な母親と言うことを売りにすれば、ママ友世代が、羨ましいとあこがれの対象になってくれる可能性は有るかもしれません。

産後ダイエット本を出版するなどママタレ路線で芸能界復帰の痛手

第一子産後に、ダイエット本を出版しました。

【画像】熊田曜子さんのダイエット本の数々

熊田さん自身もいつまでもグラビアアイドルで活躍することに限界を感じていたのか、ママタレ路線で芸能界復帰を狙っていたようです。

スポンサードリンク

しかし出産の瞬間を雑誌スタッフに撮影を許可したそうです。

こうした出産自体を一つのビジネスの種にしているように見えたので、熊田さんに対して反感を持つ人もいるようです。

何事も全て賛成と言うことはあり得ませんからね。

ペニーオークション事件の不祥事

私は、これが一番大きな原因のような気がします。

上に上げた2つの理由は、それ自体が直接大きな物ではないと思います。

この3つめの理由が下地としてあったのでより大きく響いたのではないかと思われます。

では、ペニーオークション事件とは?

ペニーオークション事件

人気商品を格安で落札できるとうたっているペニーオークションというのがありました。

言ってみればヤフオクのような物ですね。

しかし、このオークションの問題は、商品自体は低額で入札できても入札ごとに高額の手数料を払う必要があり、この手数料は商品を落札できなくても支払う必要があり当然返金自体はありません。

その為に商品と手数料と商品送料を支払うと結局高額になってしまうケースが多く出てしまうために入札参加者との間でトラブルが続出しました。

しかし問題なのは、このオークションについて複数の芸能人が、自身で行っているブログなどで、このオークションについて紹介する記事を書いたことが問題になりました。

熊田曜子さん自身、宣伝する内容を2010年12月23日のブログに書き込み、松金ようこに依頼されて書いたことを認めた。

その事が公表されて一斉に多くの芸能人がバッシングを受けたそうです。

しかし熊田曜子さんは、謝罪をしなかったためにより一層バッシングにさらされたそうです。

しかし私には、ペニーオークション事件で、熊田曜子さんのその後の評価をするのは同化と感じます。

もしこの様なことがなければ、恐らくそれなりの評価を受けている可能性は、十分あったと思います。

私の主観ですが、熊田曜子さんは、今も十分すぎる魅力を持っています。

その魅力とペニーオークション事件とは別物であると思います。

ついでにペニーオークション事件についての私見ですが、凝ればどちらもどちらのような気がします。

熊田曜子さんが、したことは、言ってみればどこかの健康食品を良いですよ。

と、テレビのCMで言っているような物です。

そのCMを見た視聴者がその商品を購入し、効果がなかったので詐欺だと言って騒いでいるような物です。

芸能人の人にとって、CM収益は大きな魅力的な仕事であり、仕事のオファーを受けるのは自然の行為です。

その商品に問題があったのであれば、詐欺にあったと言っている人は、熊田曜子さんを非難するのではなく、ペニーオークションサイドに文句を言うのが筋だと思います。

それにそのような新種のオークションなどは、参加する前に十分調べてから参加すべき物です。

その結果の損は、参加者の責任です。

それを良くも調べずにCMを行った、熊田曜子さんを責めるのは筋違いです。

確かに何でも仕事を受ければいいと言う物ではないかもしれませんが、此処まで非難される筋合いでないのも事実だと思います。

言ってみれば熊田曜子さんも被害者の一人のような気がしてなりません。

これら全てに共通するのは、全てお金がらみのような気がします。

やはり子供さんを二人も産んで今後を考えると不安を隠しきれない様です。

芸能人でなく普通のサラリーマンの家庭ならば後に触れますが、夫は広告代理店に勤めるエリートサラリーマンのようですが、そうであれば子供二人を育て上げるのは旦那の収入で可能であると思います。

しかし妻がグラビアアイドルをやっていると、普通のサラリーマンのような生活では済まず、例えば学校なども有名私立の学校などに通うことも当然の視野として入ってきます。

そうなると授業料も半端無く高額になることは想像に難くありません。

また、本人自身も今はグラビアアイドルをしていてもいつまでもグラビアの仕事が出来るかと言えば年齢が上がってくると例えプロポーションに問題が無くても段々需要が無くなってくることは、市場原理としていた仕方有りません。

恐らく本人自身その事を重々承知しているので焦っているのではないでしょうか?

しかし焦ってやったことでうまくいった試しは少ないのも事実です。

今後の身の振り方を考える時期に来たのかもしれません。

よくあるパターンが、グラビアからタレントに方向転換するというのが一般的です。

モデル以外の仕事も視野に入れつつ今後の活躍に注視したい物です。

次回は、熊田曜子さんの旦那について中心的に見ていきたいと思います。

では、今回はここまでにしたいと、思います。

今回の前の記事については以下の頁にございますのでどうぞよろしくお願いします。

「熊田曜子さんの芸能界入りと高校時代の激太りと子供時代の写真」

続きは以下のページになりますのでどうぞよろしくお願いします。

「熊田曜子の旦那ってどんな人?関東連合?会社名は電通?浮気?結婚は?」

「熊田曜子さんの子供・何人・名前・性別・顔写真・誕生日・幼稚園・ダウン」

では、今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です