遠藤憲一さん主演の最高の出来のドラマ一覧・不毛地帯その背景


前回は、2017年に放送されたドラマを紹介しました。

それに続き今回は、私の独断と偏見で遠藤憲一さんが出演しているドラマでもっと出来のよい最高傑作を紹介し帯と思います。

遠藤憲一さんの主な作品

不毛地帯

遠藤憲一さんが出演しているドラマで私はこれが一番の作品ではないかと思っています。なのでトリに持ってきました。

この作品は山崎豊子さんの原作を元にしたドラマでフジテレビ開局50周年記念ドラマです。

山崎豊子さんといえば少し前になりますが木村拓哉氏主演の「華麗なる一族」が有名ですね。

今回の作品もそう言った作品群の中の一つです。

実は、「華麗なる一族」・「不毛地帯」両方とも実話が元になっています。

そしてこの「不毛地帯」と言うネーミングですが、主役の壹岐正が生きてきた人生がはじめは軍人として生き続いて、シベリヤ抑留という厳しい生活を送りました。

そして最後に商社マンとして生きていきます。

全てそうですが、厳しい世界です。

スポンサードリンク

はじめは戦場の不毛の大地・次にシベリヤの不毛の大地・最後に商社という商戦という戦場で不毛な世界を生きていきます。

彼の生きていく世界は全て不毛の世界を生き抜いていきます。

そう言った意味があると私は理解しています。

そんな中で遠藤さんは、主役の壱岐正の最大のライバルの 鮫島辰三役を演じています。

壱岐正が進むところに立ちはだかります。

シリアスな鮫島辰三役の遠藤さんのもう一つの魅力が出ている作品です。

この作品の鮫島役は、遠藤さんの当たり役で各方面で絶賛されました。

下に画像を掲載します。

よくわかると思います。

ちなみに私はこの時初めて遠藤憲一さんの事を知りました。

それまで色んな作品に出演していたのでしょうが私の記憶には留まっていませんでしたが、この作品は圧巻ですね。

お薦めできる作品です。

【画像】壱岐正:唐沢寿明(大本営参謀→近畿商事航空機部嘱託→鉄鋼部長→常務取締役業務本部長→専務取締役→副社長)

【画像】大門一三:原田芳雄(近畿商事社長)

【画像】川又伊佐雄:柳葉敏郎(空幕・防衛部長 空将補)

【画像】鮫島辰三:遠藤憲一(航空機部長→取締役輸送機本部長→常務取締役)

内容

時は戦時中の場所は大本営から話は始まります。

主人公の壹岐正(いきただし)は陸軍中佐で大本営参謀です。

終戦を行うために、関東軍部隊の説得し武装解除させる説得のために満州に赴きます。

中々説得応じませんが最終的に武装解除に応じさせ日本に帰国する予定でしたが、帰国が後れている間に日ソ中立条約を犯して侵攻してきたソ連軍に拘置され、重労働25年の刑を宣告されシベリアに送られます。

そこで11年の抑留生活をおくることになる。

そうして恩赦で日本へ帰国しました。

帰国して職探しを行います。

壱岐には、多くの方面から誘いがありました。

しかし過去の軍人であったので戦後は軍に関わりのない仕事がしたいという理由と、その当時盛んに誘いがあった大阪の繊維商社の近畿商事の社長の大門一三に面会に行きます。

と言うのもいくつかの不安があったからです。

その一・・・軍人としての経歴以外無いのでビジネスのことが全く和からに状態で商社の仕事が出来るのか

その二・・・仮に近畿商事に入社したとしても元軍人としての経歴や人脈は商売に使いたくない。

かつて戦争中はお国のためという一語で多くの部下を死に追いやってしまったことがあるので戦後は平和のために仕事がしたいので軍関係の仕事は容赦して欲しいとの考えがあったのでその確認。

確認したら、今の近畿商事に必要なのは、今後日本が進む方向性を高い見地に立って判断できる人材が欲しいとのことで、軍人の経歴その他は、興味がない。

そして壱岐正に普通の商社マンとしての仕事を期待していない。

あくまでも今後の方向性を見極める役を期待している。

”欲しいのはあなたの頭脳です。”

この言葉で入社を決めました。

しかし、入社してしばらくたった頃、その当時近畿商事を含め商社の最大のビジネスチャンスとなっていたのが”二次防”でした。

航空自衛隊の対二次期戦闘機選定をどこにするかという所が最大の焦点でした。

そこで終生のライバルとなる東京商事の鮫島辰三との出逢いでした。

近畿商事の推すラッキード社のラッキードF104を推していました。

一方ライバルの東京商事が推すのは、グラント社のスーパードラゴンF11でした。

ほぼ、この二社に絞られておりました。

当初、軍に絡む仕事にはしない約束で入社しますが、日本の重大な防衛問題が利権の道具にされ、明らかに出来の落ちるグラント社のスーパードラゴンF11が優勢な状態になっていることが理不尽と考えるようになります。

と言うのも防衛関係のビジネスは利権が大きく商社にとって大きなビジネスチャンスでした。

その為政治家・官僚・財界がこの利権に群がり本来国を守るにはどの戦闘機が良いのかで決めるのではなく、どこの会社がリベートが大きいのかで決定されようとしていました。

また、近畿商事は東京商事に引き離されていて状況では東京商事が推す戦闘機に決定される寸前まで来てました。

そう言う状況下で逆転できるのは、壱岐正の力がどうしても必要な状況でした。

悩んだ末に壱岐正は、東京支社の航空機事業部へと転属し辣腕を振るうことになります。

しかし犠牲を、近畿商事・壱岐正、双方払うことになりました。

壱岐正は、東京商事との熾烈な競争に勝つために防衛庁が次期戦闘機の購入する為の両社から提出されている価格の見積書を入手することを考えてかつての軍人仲間である盟友川又空将を間接的に自害に追い込んでしまいました。

又、近畿商事は政治家に多額のリベートを渡すことにより何とか事件を握りつぶし何とか次期戦闘機の商戦に勝利しました。

しかし盟友の川又を死に追いやってしまったことの自責の念から近畿商事を辞職しようとしますが、大門社長から以下のように言われ引き留めに会います。

「大門:君は、大本営参謀をしていたときに君の立案した作戦で多くの死者を出したときに辞表を出したか。

壱岐:いえ。軍には辞職という物はありません。

大門:我々のビジネスの世界もそうだ。一度始めたビジネスでそう簡単に辞めると言うことは出来ないんだ。

君は、当社に入社するときに平和で豊かな日本を築くために残りの人生を使うと言ったな。

ビジネスという形で国や日本の平和と繁栄に貢献すると言う形の供養という形もあるのではないか。

もう一晩考えてくれ。

それで考えが変わらなければ退社を認める。」

こう言われ何とか辞職を思いとどまりました。

その後は全てを忘れるために仕事に没頭し、近畿商事が弱かった鉄鋼部門を飛躍的に向上させることに成功します。

その功績により異例の大出世を果たし石油ショックも何とかやり過ごし自動車ビジネスに乗り出すが、今回は東京商事に負けてしまいます。

そして最後の大ビジネスに乗り出します。

それは中東の石油ビジネスに乗り出します。

目を付けたのはイラン・サルベスタン鉱区での石油発掘でした。

しかしまたもや東京商事の鮫島が邪魔に入ります。

鍵を握るのが、イランの石油公社の行うサルベスタン鉱区の開発する権利を獲得する入札価格を事前に知ることです。

そこで壱岐の部下の兵藤が、その手だてを見つけてきます。

ここからの内容はどらまそのままを掲示した方が良いと思います。

このドラマの最大の山場となるところです。

兵藤「ドクターフォルジュが我々に会ってくれることになりました。
ただし条件があります。会社の代表者を同行することです」

壱「大門社長か」

兵「いえ、石油開発プロジェクトのトップは壱岐さんであると説明し、壱岐さんを同行  すると説明しました」

スポンサードリンク

壱「わかった。テヘランにはいつ行けば?」

兵「場所はテヘランではありません。モスクワでなら会うと」

壱「モスクワ!?」(壱岐どんより)

兵「イラン国王がモスクワを訪問するので、そこでなら会うと。ここに国王のモスクワでの日程が書いてあります」(ヒマワリの種が入っていた新聞紙を見せる)

兵「一緒に行っていただけますよね?」

壱「・・・・・」(シベリア抑留時代回想)

壱「兵頭くん、わたしは二度とソ連には行きたくない。

ヨーロッパ出張の時でさえ、モスクワ経由の飛行機には絶対に乗らないことは知ってるだろう?」

兵「しかし、ドクターフォルジュに会えるチャンスはこのモスクワただ1回ですよ」

壱「とにかくわたしはモスクワへは行かない」

兵「ドクターフォルジュに会わない限り入札価格の情報は得られません」

壱「モスクワに行かなくてもいい方法を考えよう。ドクターフォルジュ以外にもキーマンはいるはずだ」

兵「いったいどんなキーマンがいるというのです?国王の主治医をあらえと言ったのは壱岐さんご自身ですよ?入札まであと8日ですよ?」

壱「どうしてもモスクワだというなら、君一人で行きたまえ」

兵「壱岐さんが日ごろ口にされてる国益というのは随分、ご都合主義なんですね」

壱「ご都合主義とはなんだ。君のほうこそ、こんな重要事項を勝手に決めてくるなど非常識きわまりない!」

兵「いちいち東京本社にお伺いをたてないと事を運んではいけないというのですか!?そんな日本式の感覚では中東での仕事は通じませんよ!」

壱「生意気な口をたたくな!!君には極北の流刑地で囚人番号を押され、地下数十メートルの暗黒の坑内でツルハシを持ち、11年間も重労働を強いられた人間の苦しみがわかるか!!」

しかしお国のためと言う意識が元軍人として身体に刻み込まれていたこととおそらくは、亡き盟友川又との誓い必ず平和で繁栄の日本を築くという誓いを成し遂げるために二度とロシアの地は踏まないと言うタブーを乗り越えてモスクワに行きます。

最終的には、近畿商事に落札され石油発掘に成功しますが、それを契機に大門社長と共に近畿商事を退社しシベリア抑留者の遺骨収集することに残りの人生を傾けると言う最後です。

それ以外でも見所は多々あり書いていても熱い物がこみ上げてきます。

近年この様な大作はお目に掛かりませんね。

不毛地帯のモデル

先ほども書いたようにこのドラマにはモデルがあります。

【画像】伊藤忠商事・日商岩井

近畿商事は、伊藤忠商事で東京商事は、当時の日商岩井で今は双日です。

【画像】瀬島隆三

そして、壱岐正は、伊藤忠商事の瀬島隆三です。

後に行革審の委員も務める財界のご意見番です。

【画像】越後正一

大門一三は、伊藤集商事の越後正一です。

【画像】海部八郎

鮫島辰三は、日商岩井の海部八郎です。

【画像】安宅産業

その他ドラマで出てくる事件や出来事は当時の多くの事件が元になっています。

ドラマの中の鉄鋼部門を飛躍的に上げた話は、倒産した安宅産業の救済合併を伊藤忠が行ったことがモデルとなっています。

また、二次防の話はロッキード事件がモデルとなっています。

この様にかなりスケールの大きい作品です。

次回は、遠藤さんが出演したCMの話題と遠藤さんの歯が話題になっているので採り上げたいと思います。

では、今回はここまでにしたいと、思います。

今回の前の記事については以下の頁にございますのでどうぞよろしくお願いします。

遠藤憲一さんの若い頃・高校時代・高校は厚木?趣味は野球好き?」

「遠藤憲一さんの高校中退の理由は?教科書焼却・若い頃やんちゃ?」

「遠藤憲一さんの高校中退後・芸能界デビュー・若い頃の画像」

「遠藤憲一さん初主役・主演の人気・思い出のドラマ一覧」

「遠藤憲一さん主演の思い出・おすすめの2016年のドラマは?」

「遠藤憲一さん主演の思い出・おすすめの2017年のドラマは?」

続きは以下のページになりますのでどうぞよろしくお願いします。

「遠藤憲一さん主演のCM曲・テレビ・パナソニック公共広告機構など」

「遠藤憲一さん主演のパナソニック以外テレビCM年間起用社数は?」

「遠藤憲一さんの嫁さんの昌子さんの画像・恐妻列伝」

「遠藤憲一さんの嫁さんの昌子さん恐妻列伝・交際時について」

「遠藤憲一さんの嫁さんの昌子さんは元宝塚の馴れ初めについて」

「遠藤憲一さんの嫁さんの昌子さんのマネージャー業を始める経緯について」

「遠藤憲一さんの嫁さんのマネージャー業その後のエピソード歯並び・歯がない」

「遠藤憲一さんは、子供いる?子供の頃・画像・イケメン・ペット?」

では、今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です