内田有紀さんの結婚相手吉岡秀隆さんとの馴れ初めは?芸能界での活躍


前回は、「山口さんちのツトム君」の話が長くなってしましました。

私自身知らなかったので新たな発見でした。

で、その後の吉岡秀隆さんの活躍そしてどのようにして内田さんと出会ったのか見ていきたいと思います。

 

吉岡秀隆さんのその後の出演

 

その後、吉岡さんは、1977年、野村芳太郎監督の『八つ墓村』で主人公・寺田辰弥の少年時代役を演じ、映画の初出演を果たします。

【画像】八つ墓村

この作品は、横溝誠史原作の金田一耕助シリーズの「八つ墓村」を原作にして制作されました。

 

実際の事件をモデルに

 

ちなみにこの「八つ墓村」ですが、戦時中に実際にあった事件をモデルにしています。

岡山県の『津山32人殺し』として殺人史としては、異色な物です。

一夜にして集落の 住人32人が殺され犯人は自殺したと言うもので、映画中に出た台詞「八つ墓明神の祟りじゃ」が流行語になりました。

スポンサードリンク

【画像】八つ墓明神の祟りじゃ

 

山田洋次作品

 

吉岡さんと言えば外せないのが山田洋次監督の作品群です。

恐らくこの監督に見いだされて一躍スターの仲間入りが果たせたと思います。

では、そんな中でいくつかご紹介します。

 

『遙かなる山の呼び声』

 

この作品で、吉岡さんは、武志役のオーディションで、山田洋次監督に見出されたそうです。

【画像】『遙かなる山の呼び声』
この作品は、以前書いた高倉健さん主演の作品です。

「高倉健さんの生い立ちと映画界入りのキッカケ映画一覧・人気ランキング」

 

『男はつらいよ ぼくの伯父さん』

 

山田洋次監督と言えばこれは、絶対に外せません。
”男はつらいよシリーズ”です。

【画像】『男はつらいよ ぼくの伯父さん』

正月映画などの定番でした。

松竹映画の大看板で、渥美さんがお亡くなりになってからは、西田敏行さんが、恐らく看板を引き継いでいるのではないかと思います。

そんな名優渥美清さんの名演技が光る作品で、ギネスにも載る長寿映画の中の『男はつらいよ ぼくの伯父さん』で、主役寅次郎の甥・諏訪満男役で出演しています。

初期の作品では、まだ寅次郎の妹さくらは、結婚さえしていません。

途中から結婚し、子供が出来ました。

しかし当初は、その子供は、別の子役さんが務めていて、年数が経ち甥っ子が、青年になった頃がこの作品です。

そうしてそれ以降このシリーズではレギュラーとして出演しています。

 

吉岡秀隆さんの性格・私生活は?

 

吉岡秀隆さんの演技を見ていておわかりの通り決して派手さはありません。

体の線が細く繊細な演技が持ち味で、若い頃は、思い悩む等身大の青年役を多く演じた。

きっとこの様なところが山田洋次作品にはあっているような気がします。

 

実はシャイ

 

この方ですが、俳優をしているのに、人前で喋るのは苦手だそうです。

俳優でそれはないでしょうと思いますが。

その為だと思いますが、TVのバラエティ番組やトーク番組にはめったに出演しません。しかし数限られていますが以前出演したラジオ番組では、ご自身のプライベートについて語っています。

それによると、バイクと、スタジオジブリアニメが好きでロケ先にまでDVDを持って行くそうです。

この辺は、オタクの色がありそうですね。

スポンサードリンク

 

学歴

 

ご自身の学歴について、自由の森学園高校を経て、亜細亜大学中退とも語っています。

 

内田有紀さんとの馴れ初めは?

 

元旦那の吉岡のプロフィールがだいぶん長かったですが、やっと内田さんとの馴れ初めまで来ました。

出逢いは、ドラマの共演から始まったそうです。

吉岡さんと言えば、”男はつらいよシリーズ”が長編で知られていますが、他にも長編作品があります。

脚本家、倉本聰さんの作品『北の国から』です。

MediaSec watermarked file

【画像】『北の国から』

この作品は、当時フジテレビから当時はやっていた、映画『キタキツネ物語』と『アドベンチャーファミリー』の二番煎じを狙った作品のようです。

結果二番煎じが一番煎じを追い抜いた結果になったようです。

ただ制作当初から長編にする予定だったそうですが。

倉本聰さんは、フジテレビから企画を聞いて頭に浮かんだのがアメリカのテレビ映画「大草原の小さな家」の北海道版のような感じで話を作っていったそうです。

そうして1981年から放送が開始され、北海道・富良野の雄大な自然を舞台に、田中邦衛扮する黒板五郎とその息子・純、娘・蛍を中心に巻き起こる人間ドラマを描いた国民的シリーズです。

そうして、この作品で、吉岡さんは、1981年より2002年まで、黒板純役でレギュラー出演しています。

妹役の黒板螢役の中嶋朋子と並んで名子役と云わました。

このドラマの最終作が、2002年に『北の国から2002・遺言』(フジテレビ系)に内田有紀さんが、出演しました。

ドラマの中で、結の役の内田有紀さんは、吉岡秀隆扮する純と結婚しています。

しかし事はドラマだけで収まらず現実の世界でも2人は、ゴールインしたそうです。

人前では話すのが、苦手と言いながらよく女性を口説いた物ですね。

次回は、お二人の結婚式やその後に付いてみていきます。

では、今回はここまでにしたいと、思います。

今回の前の記事については以下の頁にございますのでどうぞよろしくお願いします。

 

「内田有紀さんのプロフィール・特技はフェンシング・年齢はいつわり?」

「内田有紀さんの子供時代の生い立ち・整形疑惑の真相は?・髪型が変」

「内田有紀さんの子供時代から芸能界入りデビューについて・髪型ショート」

「内田有紀さんのデビュードラマ・髪型・cm・gu・化粧品・ソニー損保など」

「内田有紀さんの歌手の活動・写真集は?髪型画像・ウルフ・ボブなど」

「内田有紀さんの結婚相手吉岡秀隆さんのプロフィール・芸能界デビューなど」

続きは以下のページになりますのでどうぞよろしくお願いします。

「内田有紀さんの結婚式はどこで?離婚理由はDVか?」

「内田有紀さんの結婚後現在は?彼氏事情・福山雅治さん桜坂誕生いついて?」

「内田有紀さんの結婚後現在は?彼氏事情・千原ジュニア破綻は福山雅治か?」

「内田有紀さんの結婚・彼氏事情・柏原崇さんの熱愛デートについて」

「内田有紀さんの結婚・柏原崇さんとのバツイチ同士再婚出来ない理由とは?」

「内田有紀さんの元夫の吉岡秀隆の子供の画像は?子供いる?ダウン症か?」

「内田有紀さんの子供の頃・若い頃の画像は・子供の頃・若い頃のエピソード」

では、今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です