竹内結子さんの子供の名前・年齢・写真画像・学校・病気か?歌舞伎・葬儀?


今回は、歌舞伎役者の中村獅童さんの元妻であった竹内結子さんのお子さんについてみていきます。

 

竹内結子さんの子供は?

 

竹内結子さんですが、2004年に公開した映画「いま、会いにゆきます」で共演した中村獅童さんと2005年に結婚されました。

そしてこの年の11月に長男出産しました。

 

竹内結子さんの子供の名前・年齢・何歳は?

 

竹内結子さんのお子さんの名前は、太郎君と言うそうです。

先ほども見たように結婚された同じ年の11月に出産しているので、2018年2月時点で、年齢は、12歳という事ですね。

 

竹内結子さんの子供の写真・画像は?

 

竹内結子さんのお子さんの写真画像はあるのでしょうか?

調べてみるとありましたので、掲載いたします。

【画像】竹内結子さんの子供の太郎君

 

竹内結子さんの子供は病気?

 

一部で、竹内結子さんのお子さんが病気ではないかという噂があるそうです。

スポンサードリンク

しかし調べてみても病気である根拠は見あたりませんでした。

一体どこが噂の出所なのでしょうか?

後に触れますが、竹内結子さんが一時マスコミから非難されたことがありました。

もしかしたらその嫉妬からでしょうか?
ただ先ほども書いたように病気である根拠は見あたりませんでした。

 

竹内結子さんの子供の学校は?

 

竹内結子さんのお子さんですが、どこの学校に通っているのでしょうか?

学校は、青山学院初等部だそうです。

【画像】青山学院初等部

この学校ですが、多くの芸能人の子弟が通っている学校としても有名です。

渡辺謙さんの娘・杏さんや、かつて当ブログで採り上げた、篠原涼子さん・市村正親さんの長男、黒木瞳さんの娘も通っています。

「市村正親さんと現妻篠原涼子さんの子供の名前・年齢・学校・写真は?」

「黒木瞳さんの娘の画像と事件の顛末は?」

この学校ですが、芸能人の子弟が多く在籍するのも、学費が高額で普通の家庭では通わせることが出来ないのも一つの理由のようです。

寄付金を除いても年間750万かかるそうです。

それだけでもすごい高額なのですが、竹内さんは、受験のための塾の費用は別途、お受験対策費用として、月60万個人指導として竹内さん自身が、支払っていたそうです。

ちなみに現在、太郎君は、2005年11月生まれなので、現在は、青山の中等部に進学されているでしょう。

 

竹内結子さんの子供・葬儀?

 

ここまで、竹内結子さんと子供さんの太郎君のみ書いてきましたが、お父さんについて全く触れていません。

理由は、太郎君のお父さんである、中村獅童さんですが、竹内結子さんと離婚しているためです。

以前書いたように、中村獅童さんと2005年に結婚しましたが、わずか3年で結婚生活破綻そうです。

 

離婚理由?

 

原因は、中村獅童が、酒気帯び運転したことが報道されたそうです。

まあ犯罪を犯したことになりますが人を怪我させたりしていないのでそれだけで離婚とはならないものです。

問題は、その報道の内容が、中村獅童が、酒気帯び運転した、その時同乗していたのが元カノの岡本綾さんだったことです。

【画像】岡本綾さん

スポンサードリンク

新婚間もない竹内結子さんに取ってはショックだったことは充分考えられます。

その後も懲りることなく、高岡早紀さんとのデートもスクープされたそうです。

【画像】高岡早紀さん

そして、家庭内では、梨園の妻として、慣れない世界にきて育児その他で奮闘しましたが気持ちが切れたったようです。

旦那の中村さんこれでは離婚されても無理はないですね。

 

離婚条件

 

そこで二人は、離婚することになるのですが、どのような条件だったのでしょうか?

養育費は、中村獅童さんが月50万支払う。

子供との定期的な面会・慰謝料なし

中村獅童さんには、結婚中の内容は語らない。

”結婚中の内容は語らない”と言う変な条件があります。

又端から見て慰謝料なしと言うのも変ですね。

経緯から見て旦那の中村獅童さんの方が圧倒的に非があります。

そうなれば慰謝料を請求するのが普通なのにそれが無い事と、”結婚中の内容は語らない”には、竹内さん自身が、家庭生活が苦手で、家事をほとんどしていなかったようです。

しかし今後竹内さんが芸能活動をしていくのに家庭生活が苦手というのはマイナスイメージにつながると考えたと判断したのだと思います。

しかしこの離婚調停に1年半かかりました。

それは、歌舞伎の跡取りになる立場だった孫の親権がどちらが取るかで調停に時間が掛かったそうです。

 

義母との確執と親権争い

 

こうして竹内結子さんと中村獅童さんは離婚するわけですが、その過程で足りの結婚生活が夫の浮気だけでなく竹内結子さんにとっての義母にあたる小川陽子さんとの確執も露呈しました。

【画像】小川陽子さん

竹内さんは、家事や育児が、あまり得意ではなかったそうです。

その事が中村獅童さんの母・小川陽子さんは、何度も苦言を呈していたそうです。

歌舞伎役者の家としては、跡取りを立派な歌舞伎役者に育て上げることが何よりも重要です。

しかしそのような梨園の特殊な環境に竹内さんが馴染めなかったそうです。

また竹内さん自身のはっきり物をいう性格も裏目に出ました。

義母とは事あるごとに何度も口論があったようです。

二人が離婚するのに離婚調停に1年半もかかったのが、孫である太郎君の親権だったようです。

小川陽子さんにとって、二人が離婚して竹内さんが、女優業を開始すれば育児が疎かになるのは確実なのでどうしても陽子さんは、孫を手放したくなかったそうです。

 

義母の葬式で

 

以上のような経緯がかなり拗れているのが露呈する事があったようです。

以上のような経緯があり、2013年に陽子さんが急死した際に竹内さん親子は、お花を送っただけで葬儀に参列しなかったそうです。

その経緯を記事にした物がありますので以下に掲載します。

「追悼の気持ちが深いなら、事務所の制止を押し切ってでも参列すると思われましたが、結局参列せず。

それでも供花はしたようだが、なぜか、竹内の名前があったブロックのボードはあまり目立たない式場の隅の方に寄せられていた。

関係者が報道陣に騒ぎ立てられるのを嫌って、配置する場所を配慮したようだ」(芸能デスク)

この事について今までの、義母と竹内さん経緯があるので致し方ないのですが、一部では息子さんを葬儀に参列させないのはいかがな物かという批判もあったそうです。

義母と竹内さんとのいざこざは、息子さんの太郎君にとっては関係ないので太郎君の意志を尊重すべきではないかという物です。

最もまだ幼いので難しい面もありますね。

 

竹内結子さんの子供・歌舞伎は?

 

先ほど義母の葬式に息子を参列させない事について触れました。

このことは、母親である竹内さんとしての意思表示なのかもしれません。

それは、”息子を歌舞伎役者にするつもりはない・もう関わりたくない意思表示”です。

いずれにしても今後の活躍に期待したい物です。

では、今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です