吉田栄作の妻・平子理沙は、子供いる?子供を産まない理由?子供時代は?


今回は、吉田栄作さんを採り上げます。

吉田栄作さんと言えば、「ナイスガイ・コンテスト・イン・ジャパン」でのグランプリ獲得がきっかけで、芸能界入りした俳優さんです。

若い頃、当ブログでも採り上げた田中美奈子さんと共演したドラマ「もう誰も愛さない」が印象的でした。

そんな吉田栄作さんですが、私生活では、モデルの平子理沙さんとご結婚をしました。

で、今回はそんな吉田栄作さんの私生活に付いてみていきます。

 

吉田栄作さんには、子供いるのか?

吉田栄作さんと、モデルの平子理沙さんは、1997年に結婚をしましたが、2015年12月21日に、離婚をしたそうです。

では、その間に吉田栄作さんと、平子理沙さんには、子供が出来たのでしょうか?

調べると、お二人にはお子さんを作らなかったようです。

スポンサードリンク

 

吉田栄作さんの妻・平子理沙さんが子供を産まない理由は?

二人には、お子さんがいなかったようです。

では、どうして子供を作らなかったのでしょうか?

その為に当初、ネット上で、モデルの妻・平子理沙さんが、子供嫌いやスタイル維持のために子供を産まないと言われたそうです。

しかし実際は、二人で話し合いをした結果、単にそういう決断を下しただけのようです。

その二人の話し合いで、子供を産まない一番大きな理由は、どうも仕事上の問題が一番大きかったようです。

つまり、平子理沙さんは、モデルとしての仕事を優先したようです。

また夫もその事に賛成したようです。

ちなみに、平子理沙さん自身が、子供を産まない理由や夫の吉田栄作さんの離婚について語った物がありますので掲載します。

「12月21日に俳優の吉田栄作と離婚した、モデルの平子理沙。

28日には自身のSNSで、一部で報じられている不倫疑惑についてきっぱり否定した。また、子供をもうけなかった理由についても言及している。

中略

「子供がいないのは、平子が“体型が崩れるから産みたくない”と主張したから」と噂されており、今回の離婚原因の一つではないかとも言われている。

平子は『平子理沙 risa_hirako Instagram』で「わたしはネット上で子供嫌いだとか、子供が出来ないとか、スタイル維持のため産まないとか、いろいろ中傷されていますが」(原文ママ)と前置きしたうえで、自分達は「それぞれの仕事、生き方を尊重しリスペクトし合っている」夫婦だったと述べている。

その上で仕事が好きで辞めたくなかった平子は、吉田と話し合いお互いに納得した上で、夫婦だけの生活を続けることを選んだ−と綴っている。

子どもが嫌いだとか、体型を維持したいからという理由ではなく、あくまでもモデル、ファッションブランドのプロデュース等の仕事に全力投球するため、母親になる人生を選ばなかったのだ。

一般社会でも女性の出産適齢期といわれる20~30代はキャリアの基礎を固める重要な時期であるため、結婚や出産を迷うという声が多く聞かれる。…

引用:平子理沙、子供を持たなかった理由を激白「離婚の問題ではない」exciteニュース2015年12月29日 16時45分」

スポンサードリンク

 

吉田栄作さんの妻・平子理沙さんの子供時代

夫の吉田栄作さんが、「ナイスガイ・コンテスト・イン・ジャパン」でグランプリを獲得しているぐらいナイスガイである事は、重々解ります。

一方奥さんの、平子理沙さんもすごいようです。

母親は、ネイルアートを日本に広めた平子禧代子さんと言う美容関係一家の娘として育ったせいか子供時代からすごく美人だったようです。

その美貌に磨きを掛けるためだったのか、15歳で渡米し、現地の高校ではベストドレッサー賞を3年連続で受賞したそうです。

ちなみにこの高校時代の同級生に、後にハリウッドで活躍するグウィネス・パルトロウやドリュー・バリモアも同級生にいたそうです。

そんな環境で、ベストドレッサー賞を3年連続で受賞したのは、その後モデルで活躍するには良い環境だったのだと思います。

ちなみに、19歳で日本に帰国し、原宿でのスカウトをきっかけに芸能界りしたそうです。

稽古の段階で、プロに到達していたのだと思います。
そんな、平子理沙さんですが、子供時代の写真が多く公開されているようです。

それが、多くの方から高い評価を受けているようです。

前回も見たように二人には、子供がいなかったので、最後に平子理沙さんの子供時代の写真で埋め合わせしたいと思います。

【画像】平子理沙さん

今回は、吉田栄作さんに付いてみてきましたが、お二人ともお子さんを作るより仕事を優先したようです。

それはお互いの価値観なので何とも言えませんか、今後とも仕事で大きな成果を出される事を期待したいと思います。

では、今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です