大竹しのぶの息子の名前は二千翔?父親・職業・画像・大学は?さんまとの仲


今回は、大竹しのぶさんを採り上げます。

大竹しのぶさんと言えば元明石家さんまさんの奥さんでした。

今でもお互い仲は良いみたいですが、明石家さんまさんと結婚していた当時に生まれた、IMALUさんは、有名ですがそれ以外にも大竹しのぶさんには、お子さんが居るようです。

今回はその辺を見ていきたいと思います。

 

大竹しのぶさんの息子さんの名前は二千翔?

 

まず、大竹しのぶさんには、二人のお子さんが居るそうです。

冒頭での触れたように、大竹しのぶさんには、明石家さんまさんと結婚していた当時に生まれた、IMALUさんが居る事は有名です。

しかし、大竹しのぶさんにはもう一人お子さんが居るそうです。

性別は、息子さんのようです。

スポンサードリンク

この息子さんですが、実は大竹さんは、明石家さんまさんの前に結婚していたそうです。

その元旦那さんとの間に息子さんがいるそうです。

名前は、二千翔(にちか)さんと言うそうです。

1985年生まれで、2015年で、年齢は、現在31歳なのですが、あまりモテるタイプではないらしく、結婚はしていないようです。

 

大竹しのぶさんの息子さんの父親は?

 

この二千翔(にちか)さんのお父さんは、大竹しのぶさんの元旦那で、TBSのドラマディレクターをしていた服部晴治さんと言う方だそうです。

出会いは、ドラマの仕事で「恋人たち」がきっかけで付き合うようになり、1982年に結婚されました。

【画像】「恋人たち」

【画像】服部晴治

しかし、服部さんは1987年に胃がんのため死別している。

丁度その頃大竹さんは、妊娠していたそうです。

その事について書かれている物がありましたので引用します。

「結婚して1年を過ぎた頃、服部に胃がんが見つかりました。

しかも医師から余命1年を宣告されました。

その時大竹は妊娠していましたが、

「医師から余命宣告を受けても、大竹は『それでも子供を産みたい』と長男を出産している。

局看板ディレクターと結婚し、女優、妻、最後に母としての座を死守した大竹の執念は見上げたものと言うしかない」と芸能デスクは語っている。」

大変だったと思います。

お子さんも生まれる大事な時に最愛の夫は、余命1年を宣告されているので大変だったと思います。

 

大竹しのぶさんの息子さんの出身大学は?

 

では、二千翔(にちか)さんの学歴はどんな感じでしょうか?

調べると、中学までは公立の学校に進学していますが、高校受験では、早稲田、慶應、立教、青学のすべてに合格して慶應に進学したそうです。

そして、大学は、内部進学してそのまま慶應義塾大学を卒業しています。

そして、大学卒業後アメリカで仕事をしていたそうです。

慶應義塾大学は、実業界に強い大学なのでその後に有利に働いているのかもしれませんね。

スポンサードリンク

 

大竹しのぶさんの息子さんの職業は?

 

では、二千翔(にちか)さんの職業は何をしているのでしょうか?

先ほど大学でアメリカで仕事をしていると書きましたが、アメリカで何か仕事をしているのでしょうか?

調べると、アメリカでの就労期間は、そんなに長くなかったようです。

どうもアメリカでの生活にすぐに飽きたようで、一年半で帰国したそうです。

アメリカで飽きたと言ってますが、日本ではもっと飽きると思うのですが?

きっとホームシックになったのかアメリカの水が合わなかったのではないかと想像します。

そして、現在の職業は、大竹さんやIMALUさんが所属している事務所・エスターでマネジメントを担当しているそうです。

ちなみに、その事務所で、芸能情報総合サイト「narrow(ナロー)」を運営燃しているそうです。

先ほど見た慶應義塾が実業に強い大学と書きましたが、その後アメリカで短期間ですが仕事をしていたと書きましたが、本場のwebマーケティングでも見てきたのでしょうか?

 

大竹しのぶさんの息子さんの画像は?

 

では、二千翔(にちか)さんの顔はどんな感じなのでしょうか?

調べるとありましたので以下に掲載します。

【画像】二千翔(にちか)さんの顔

 

大竹しのぶさんの息子さんとさんまさんの仲は?

 

二千翔さんは、前の旦那のお子さんです。

再婚相手の明石家さんまさんと、二千翔さんの関係ですが、どうなんでしょうか?

調べると関係は良好のようです。

それは、どうもさんまさんの幼い頃の体験が起因しているそうです。

明石家さんまさん自身が幼いころ、継母の下で差別を受けて育った経歴があるため、実子で生まれたいまるさんより先に二千翔さんを可愛がったそうです。

その事について、明石家さんまさんが、語った物がありますので参照したいと思います。

「にちかは、小さいころから喘息持ちだったそうで、薬が手放せない状態の ほどだったそうで、入院もしていたこともあったそうです。

そんな入院先での、明石家さんまがしたことが血縁関係なんて関係ないと感じさせることをみせたんです。

明石家さんまはにちかにこう言ったそうです。

「薬なんか飲んだら、身体が弱くなるだけや!おれが治したる!」

こう言ったそうです。

何にも根拠はないんですが、ただこの時に、にちかの両手を一晩中握って いたそうです。

子供には「お父さん」と呼ばせず「ボス」と呼ばせている。

彼とさんまは非常に仲が良く、当初大竹と結婚した際、人見知りが激しく誰にも懐かなかった二千翔がさんまには懐いたという。

帰宅した際はまず二千翔と抱き合った後、いまるの元へ行ったというほど分け隔てなく愛情を注いだ。

そのため離婚の際も、二千翔は「ボスの方に行く」と言い張ったという。
引用元:topics」

何か人間くさくて良いですね。

やはりさんまさんの優しさが出ているようです。

さんまさんが、女性に人気があるのもこの辺が要因としてあるのではないかと思います。

その辺が、大竹しのぶさんも惚れた要因のような気がします。

離婚はしていますが、今でも大竹さんや子供二人とも関係は良好だそうです。

今後とも離れていますが仲良くやっていってもらいたいと思います。

では、今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です