三國連太郎の子供は何人?2・3人?子供の佐藤浩市と確執とは?


今回は、三國連太郎を採り上げます。

三國連太郎と言えば、多くのドラマ・映画に出演されている昭和の名優の一人です。

以前当ブログでも採り上げた、仲代達矢さんともに人気実力のあった方です。

比較的近年では、映画「釣りバカ日誌」が有名ですね。

その中で、主人公ハマちゃんが勤める鈴木建設の代表取締役を演じるのが三國連太郎です。

しかし私が、最も印象に残る作品は、随分昔の作品ですが、「戦争と人間」が印象的でした。

そんな三國連太郎が、芸能界へ進むキッカケは、1950年に遡りますが東銀座を歩いていた時に、松竹のプロデューサー小出孝にスカウトがキッカケのようです。

初めは、松竹大船撮影所に演技研究生としてスタジオにカメラテストに来てくれないかと言う物だったそうです。

スポンサードリンク

その際に、三國連太郎は、電車代と飯代を出してくれるならと言う条件で了承したそうです。

デビューは、1950年に、木下恵介の監督映画『善魔』に岡田英次の代役として出演したのが始まりのようです。

この作品で三國連太郎は、いきなり第2回ブルーリボン新人賞を受賞したそうです。

この作品で、現在の芸名三國連太郎となったそうです。

この作品をPRする為に、松竹作成した三國連太郎の経歴は、本名、生年月日、身長、体重を除いてほとんどが嘘だらけだったそうです。

しかしその時三國連太郎は、役者の象徴として平然と聞き流したそうです。

その態度に、木下恵介監督は、俳優としての本質的な良さを認め、三國連太郎もその資質を活かすことにしたようです。

根っからの役者なんでしょうね。

そんな三國連太郎ですが、私生活では4回の結婚をされています。

現在の奥さんの友子さんとは1976年に結婚をされています。

では、そんな三國連太郎の子供についてみていきます。

 

三國連太郎の子供は何人?名前・誕生日は?

 

三國連太郎ですが、お子さんはおられるのでしょうか?

調べるとおられるようです。

三國連太郎には、お子さんが、はっきりしているのが2人おられるようです。

内訳は、男の子が1人・女の子が1人だそうです。

しかし、もしかするともう一人いるかもしれないようです。

三國連太郎の子供達ですが、私たちもよく知っている人もいるようです。

では、以後順に見ていきたいと思います。

 

第一子:長女(1番目の妻との子供)

 

名前:名前は公表されていない
誕生日:1946年~1948年頃
性別:女

実は、三國連太郎の結婚履歴はかなり変化に富んでいます。

まず最初の結婚ですが、まさにドラマのような結婚です。

初めの結婚は、偽装結婚だったようです。

三國連太郎は、戦争で満州に出兵していてそこで配線となって捕虜収容所に収容されました。

そこで、妻帯者は優先的に日本に帰国できると知ると、同姓の佐藤姓を持つ女性と、1946年4月に偽装結婚して帰国したそうです。

そこで、帰国して妻の実家の宮崎にいる間に妻は、三國連太郎の一人目の子供を身ごもったそうです。

しかしすぐに離婚をして三國連太郎の実家を飛び出したそうです。

その為に、1人目の子供が娘である事以外はほぼ情報はありません。

 

第二子:長男(3番目の妻との子供)

 

名前:佐藤浩市さん
誕生日:1960年12月10日
年齢:57歳(2018年の誕生日で)
性別:男
学歴:多摩芸術学園映画学科中退
身長:182 cm
血液型:A型
職業:俳優
ジャンル:映画・テレビドラマ
活動期間:1980年 –
活動内容:1980年:デビュー
1988年:『敦煌』
1994年:『忠臣蔵外伝 四谷怪談』
2002年:『KT』
2003年:『壬生義士伝』
2005年:『亡国のイージス』
2010年:『最後の忠臣蔵』
2016年:『64(ロクヨン)』
配偶者:元モデル(1986年 – 1989年)
    広田亜矢子(1993年 – )
著名な家族:三國連太郎(父)
      寛一郎(息子)

そうです。

三國連太郎の息子は、俳優の佐藤浩市さんですね。

つまり親子とも実力を持った俳優をしています。

決して親の七光りではなくです。

ここで、親の七光りではなく実力でと言うのが意味深です。

その辺は、次の項目に譲ります。

 

第三子:次女(3番目の妻との子供)

 

名前:名前は公表されていない
誕生日:不明
年齢:不明
性別:女
学歴:不明

スポンサードリンク

実はこの三番目の子供ですが一般人のようで詳しい情報は一切出ていません。

もしかしたら三國連太郎の子供ではないかもしれない可能性もあります。

と言うのは、3番目の妻とも後に離婚しているのでそれ以後の話が全く伝わってこないので詳しい情報は、出てきません。

あくまでも可能性です。

「ちなみに娘さんもいらっしゃるそうですが、 一般の方のようで詳しいことは分かりませんでした。

引用:三國連太郎の妻は?結婚歴4回離婚歴3回!息子は佐藤浩市!」

 

三國連太郎の子供の佐藤浩市と確執とは?

 

三國連太郎には、冒頭でも述べましたが、4回ご結婚されています。

その中でほぼ確実なのは、三國連太郎には、子供が2人いる事は解っています。

もしかしたら3人かもしれませんが。

その中で三國連太郎と子供の佐藤浩市との間に確執があると言われています。

では、その内容はどうなのかみていきます。

その為に三國連太郎と3番目の嫁(佐藤浩市の母)の事を見ていかないと解らないので順次見ていきます。

 

三國連太郎の第3回目の嫁

 

三國連太郎の嫁の名前は、石原とし子さんと言います。

三國連太郎と嫁の石原とし子さんは、1957年にご結婚されています

では、三國連太郎は、どのように石原とし子さんと知り合ったのでしょうか?

 

馴れ初めは?

 

二人の馴れ初めですが、当時、神楽坂一の売れっ子芸者だったそうです。

映画「戦国無頼」の撮影の合間に知り合って正式な頃は不明ですが、交際が始まり結婚したそうです。

しかし、結婚して佐藤浩市が生まれた後にまた離婚し家を捨ててしまったそうです。

佐藤浩市が当時5歳の頃で父親の面影も記憶もほぼ無い状態でした。

なので、佐藤浩市は、母親の手一つで育てられました。

 

親子の確執とは?

 

こうして二人は長きにわたりお互い会う事もなく生活をしてきました。

そして佐藤浩市が、俳優となろうとして父・三國連太郎にその事を報告しました。

今までの三國連太郎の態度やこの時の態度が決定的になりお互い長きにわたる確執が生まれたようです。

その経緯について述べられている物がありましたので掲載します。

「佐藤浩市さんといえば、今は亡き名優、三國連太郎さんを父に持つことでも知られています。

そんな偉大な父を持つのは、誇りあることだと思いますが、三國さんの素行が引き金になり、それ以来「親子」としての確執が続いていたそうですね。

というのも、佐藤さんが5歳の頃に両親が離婚して、それからは母親に育てられたそうです。

時代も時代なだけに、女手ひとつで子供を養っていくのは、 経済的にも厳しかったでしょうし、何より佐藤さん自身、寂しい思いをしたと思います。

そういった思いを抱えながら活躍を続けていった佐藤さんですが、1996年の映画「美味しんぼ」で父である三國さんと親子役で共演することになったんですね。

皮肉なことに作中の親子も確執を抱えていて、この映画の制作会見では、お互い「三國さん」「佐藤くん」とあたかも他人かのように呼び合い佐藤さんの発言を三國さんが真っ向から否定するなど、確執が表面化していったようです。

二十歳頃から俳優として活動している佐藤さんですが、俳優の道に進むと決意した時に、父親の三國さんに報告したそうです。

その報告を受けた三國さんは

「おやりになるなら、親子の縁を切りましょうと言いました。」

このように答えたそうですね。

その発言が追い討ちをかける形で、確執の根を深くしたのかもしれません。

ただ、三國さんは生前、先ほどの発言に対し、

「俳優という仕事に対して何かの支えになる自信がなかった」

とも言及しています。

三國さん自身、俳優の道を歩む厳しさを身をもって知っているからこそせめてもの親心で「縁を切る」と言ったとも考えられますよね。

美味しんぼの制作会見で、佐藤さんが三國さんに対して、他人行儀なのはまだわかりますけど、三國さんが佐藤さんに「くん」呼びしたのは、そういったことも少なからず関係しているのではないでしょうか。

引用:佐藤浩市の嫁や子供は?父・三國連太郎との過去の確執について」

いやはや壮絶ですね。

しかし、ここから見て解るように、佐藤浩市は、紛れもなく三國連太郎のDNAを受け継いでいると思います。

なぜなら親子共々誰の助けもなく名優としての道を歩みました。

近年親の七光で実力もない二世タレントが不祥事を起こす中この親子はそのような事もなくここまで来ました。

(女性問題は別としてですが?)

最後に、この二人は、確執は残ったまま、三國連太郎がお亡くなりになり和解することなく終わってしまいました。

しかし、子の佐藤さんは、以下のように述べています。

「僕がここに立って、やりたいと思える芝居をやれるのは三國連太郎という人がいたから」
どうであれ父の実力と偉大な存在を感じていたのだと思います。

私的に見て父三國連太郎が、息子に対して親子の縁を切りましょう発言をしたのは、考えようによっては、ああしか言えなかったのではないかと思います。

子供を捨てた親で、息子に対して何か手をさしのべる事が出来ない芸能界という茨の道に進んだ息子に対して甘い言葉は何の役にも立ちませんから。

しかし心中辛かったのではないかと思います。

次回は、佐藤浩市の子供も又役者デビューしたそうです。

父・子・孫三代芸能界で活躍する一家ですが、その佐藤浩市とその子供に光を当てたいと思います。

では、今回はここまでにしたいと、思います。

続きは以下のページになりますのでどうぞよろしくお願いします。

「三國連太郎&佐藤浩市息子は寛一郎・高畑似で映画:心が叫びたがってるんだ」

では、今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です