みのもんたの息子・次男の事件の逮捕と現在は?長男と娘と嫁は?


今回は、みのもんたを採り上げます。

みのもんたと言えば、年収10億越えと言われたキャスター&名司会者としてバラエティー番組の「おもっきりテレビ」が有名ですね。

そんなみのもんたが、マスコミ業界へしたキッカケが、立教大学時代に4年先輩の徳光和夫から「アナウンサーはいいよ」「これからはテレビの時代だよ」などと言われ、スタジオ見学し、大学卒業後文化放送に入社したのが、キッカケのようです。

ちなみに第一志望は、TBS(東京放送)だったようですが、就職試験で落ちたそうです。

その為に同期で、TBS(東京放送)に入社した久米宏を長年に渡り常に意識していたそうです。

そんなみのもんたですが、1970年に御法川 靖子と結婚しています。

では、そんなみのもんたの子供についてみていきます。

 

みのもんたの子供は何人?名前・誕生日・大学・画像は?

 

みのもんたですが、子供はいるのでしょうか?

調べるといるようです。

スポンサードリンク

みのもんたには、子供が、3人いるそうです。

内訳は、男の子が2人・女の子が1人だそうです。

 

みのもんたの息子・娘の名前は?

 

次に、子供の名前ですが、以下の通りです。

長男の名前は、”御法川隼斗さん”

次男の名前は、”御法川雄斗さん”

長女の名前は、”御法川なみさん”と言います。

 

みのもんたの息子・娘の誕生日は?

 

では次に誕生日が気になるところです。

調べると誕生日について公開されていないので不明です。

ただ、次男の誕生日だけが、1982年頃と言う事が情報としてあります。

次男の情報があるのは、後に紹介しますが盗難未遂事件をしたために情報が出てきたようです。

 

みのもんたの息子・娘の画像は?

 

では、どんな子供でしょうか?

調べると、長女の顔は公表されていません。

しかし、長男と次男はいくつか存在しますので以下にご紹介します。

【画像】息子・長男・御法川隼斗の画像

【画像】息子・次男・御法川雄斗の画像

やはりイケメンですね。

 

みのもんたの息子・娘の大学は?

 

次に、みのもんたの息子達と娘が通う大学について調べている人が多くいます。

そこで調べてみました。

調べた結果、長男と次男は【慶応大学】のようです。

ちなみに次男は、慶應義塾高校から慶応大学商学部卒のようです。

恐らく長男も同じようなコースをたどったのではないかと思います。

次に長女は、有名女子大を卒業後にオックスフォード大学に留学したそうです。

ちなみに有名女子大とありますが、白百合との噂もあるそうです。

さすがセレブですね。

 

みのもんたの息子・次男の事件の逮捕とは?現在は何をしているのか?嫁はいるのか?

 

みのもんたの息子と言えばやはり、次男のことが有名なようです。

みのもんたの次男が犯こしたとされている、窃盗未遂事件が有名なようです。

時の有名人の子弟がやってしまった事件となれば世間の人は注目してしまいます。

では、この事件の経緯する前にどんな経歴の人物か軽くご紹介した後に事件の経緯をご紹介します。

次男の御法川雄斗は、慶應義塾高校から慶応大学商学部卒日本テレビへ入社したようです。

世間では、親のコネを使った入社ではないかと言われています。

その可能性は、十分あり得ますし別にそれが珍しい業界ではありません。

長男同様にプロデューサーが、希望だったようですが、当初は営業職から開始して念願叶ってプロデューサー担った矢先に事件が起こったようです。

以下その内容について、記載された物がありましたのでご紹介します。

「警視庁は9月30日までに、酒に酔って寝ていた男性会社員のバッグを盗んだとして窃盗の疑いでタレントみのもんた(69)の次男で日本テレビ社員御法川雄斗容疑者(31)=窃盗未遂容疑で逮捕=の逮捕状を取った。

1日にも再逮捕する。男性のバッグを取り上げ、現場から立ち去るまでの一部始終を近くにいた人が目撃していた。

捜査関係者によると、御法川容疑者は8月13日未明、港区のコンビニ前で、酒に酔って寝ていた40代の男性会社員のバッグを盗んだ疑いが持たれている。

御法川容疑者は現場から走り去ろうとして警察官に職務質問されていた。逃げる途中で、自分の財布を落としていたことも分かった。

警視庁は窃盗容疑を裏付けるため、現場近くの防犯カメラの画像を解析し、目撃者を捜していた。

引用:みのもんたの息子の現在は?逮捕された事件?長男の嫁は?自宅住所は鎌倉山の豪邸?」

また、この様な事件報道があって過去の御法川雄斗の行状まで報道されました。

「慶應時代から生協で窃◯繰り返していた?など噂が出始めてしまいました。」

ちなみに当の本人は、この事件を起こした理由について以下の通り述べています。

「・出来心でやってしまった。
・かばんに財布があれば盗もうと思った。」

ただこの証言について世間では、不思議に思ったようです。

金銭に困っている人物が窃盗をするのは理解できますが、御法川雄斗は時の有名人の子弟で金銭的に困っていることはないのに何故この様なことをしたのでしょうか?

また、キャッシュカードは暗証番号が分かっていなければ、現金の引き出しは不可能です。

また町中に防犯カメラが設置されている現在では、この様な犯罪は割が合いません。

スポンサードリンク

この様なことより、世間では、親に対する嫌がらせ・当てつけと見なされたようです。

それを裏付けるように、みのもんたは、高い視聴率を獲っていた「朝ズバ」を降板しました。

しかし、別の見方があるようで、警察によってねつ造されたという物です。

次にその事に付いてみていきます。

 

警察に?

 

では、上で述べたように今回の事件は、警察が初めから御法川雄斗が、犯人として決めてかかったという説があるようです。

その事について、記載された物がありましたのでご紹介します。

「警視庁がマジになった

「どうせ時間の問題だよ。分かってるでしょ」

「…………」

「オヤジか、それとも先生か?黙ってりゃ大丈夫だからって言われたの?」

「…………」

「楽な人生だねえ、バカやってもオヤジの言う通りにしてりゃ大丈夫なんだから」

「……弁護士を通さないと話せません」

「いま、何十人って捜査員出してんだ。現場にいた人、もうみんな割れてるんだよ」

「…………」

「なあ、夜中って言っても、お盆の新橋だぞ。誰も見てなかったわけないでしょ」

「疲れました。何も話したくない」

留置場では、捜査員と御法川雄斗容疑者(31歳)の、こんなやりとりが連日繰り広げられたという。

神奈川県警元刑事で、犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が語る。

「警視庁は最初から力の入り方が違った。

本来ならば所轄が担当する事件ですが、今回捜査にあたったのは警視庁捜査第三課。

普段は窃盗常習者、余罪が100件以上あるような『職業泥棒』ばかり相手にしているところです。

ただのケンカに、殺人事件専門の捜査一課が出張ってくるようなもの」

「完オチ」というほかなかった。

泥酔した男性のカバンから奪ったキャッシュカードで、現金を引き出そうとしたとして、窃盗未遂容疑で逮捕されていた雄斗容疑者。

今月1日に窃盗容疑で再逮捕されるやいなや、全面的に罪を認めたのだ。

そもそも父のみのもんた氏、雄斗容疑者、そして代理人の弁護士は、警察を甘く見ていたフシがある。

「雄斗容疑者が当初否認を続けていたのは、おそらくみの氏、そして弁護士が『我慢していれば、処分保留のまま釈放になる。こんな微罪で起訴できるはずがない』と踏んでいたからだと思います。

雄斗容疑者には『何も話さなくていい。安心しろ』と言い含めていたでしょう」(前出・小川氏)

しかし、相手は「プロ中のプロ」捜査三課だ。ある警視庁元幹部はこう話す。

「警察は、自らの正しさを実証しようと本気を出したのです。容疑者が否認する限り不当逮捕の可能性は消えない。これだけ世間の注目を浴びた以上、警視庁は『面子をかけてこの事件は絶対に仕上げる』というモードになっていった。

加えて、みの氏のキャラの強さに反感をもつ警視庁幹部もいた。

会見を開いて『息子を信じている』と言ったり、ラジオで『今日は記者の聴取率100%ですよ』などと軽口を叩いたりしたことも、彼らの神経を逆なでした。雄斗容疑者の態度も最悪でしたしね」

置き引き事件としては異例ともいえる総力戦を始めた警視庁。

まず取りかかったのは、現場を洗い直して目撃者を探す「地取り」だ。

「犯行と同時刻に現場を通る人を10日間精査する。

すると、頻繁に通行する人の顔ぶれが分かりますから、片っ端から声をかけます。

それに、令状を取れば、警察はどの防犯カメラの映像でも差し押さえることができる。服装を手掛かりに、映っている中から近隣住民をピックアップし、一人一人探し出す」(捜査関係者)

証言を求められた目撃者は当然、捜査員の「誘導」に影響されてしまう。

「『みのもんたの息子が、近くでこんなことをしたらしいんですけど、見ませんでしたかね』と聞かれれば、思わず『そういえば』と答えてしまう。

本来は『この辺りで何か変わったことはありませんでしたか』と聞かなければならないのですが」(同・捜査関係者)

引用:警察にハメられたみのもんたの息子 みじめすぎる「完オチ」 2013.10.24 週刊現代」

完全に警察を敵に回しましたね。

でも怖いですね。

こうなれば何が何でも犯人ですね。

 

御法川雄斗のその後は?

 

では、この事件の顛末とその後はどうでしょうか?

この事件は最終的に不起訴となったようです。

とりあえず警察としてもメンツは保たれて、恐らくみのもんたもかなりの金銭を使ってこの事件を早急に収束させたのではないでしょうか?

後、みのもんたは、謝罪会見を開いて、みのもんたが出演している主立った番組を降板して謹慎をしたようです。

後、御法川雄斗は、日本テレビを懲戒免職になったようです。

その後再就職先を捜したようですが、有名人の犯罪となって中々見つからず最終的にみのさんが社長を務める会社(ニッコク)の工場で働いているそうです。

ちなみに今回の事件の前に結婚して家庭を持っているようですので早く、更生して欲しいと思います。

 

みのもんたの息子・長男は?現在は何をしているのか?嫁はいるのか?

 

では、みのもんたの息子・長男の御法川雄斗ですが、何をしているのでしょうか?

調べると大学を卒業後、父親と同じ道・アナウンサー志望で父親が入社できなかった、TBSに入社したそうです。

しかし、職種は営業職だったそうです。

しかし現在は、制作局に移動していてプロデューサーとして活躍しているそうです。

ちなみに、TBSに入社の際に父親のコネを使ったという噂もあるようですが、有名人の子供がマスコミ関係にコネで就職している事は周知の事実なので別にそれがどうという物ではないように考えます。

要は、会社内できちんと仕事が出来れば問題有りませんから。

 

結婚は、できちゃった婚

 

みのもんたの長男の御法川隼斗は、2005年に一般人女性の山本裕美さんと結婚したそうです。

ちなみにその結婚ですが、できちゃった婚のようです。

その結婚式は盛大で、民放各局トップや大手芸能プロのトップが列席したそうです。

その列席者は、360人に及んだそうです。

出席者の例として以下のような顔ぶれです。

政界では、
自民党の石原伸晃氏
二階俊博氏
下川俊樹氏(自民党和歌山県連幹事長)
司会は羽鳥慎一(当時日本テレビアナウンサー)が務めたそうです。

これはほんの一例です。

 

みのもんたの長女は現在は何をしているのか?

 

では、最後ですが、長女の御法川なみは、何をしているのでしょうか?

上の大学の項目で記載しましたが、オックスフォード大学に留学しているとご紹介しました。

そして大学卒業後の研究職に就いていたそうです。

そして、母が亡くなってからは、母親がしていたみのさんのスタイリストをやっているそうです。

ちなみにまだ、独身で既婚歴もないようです。

鎌倉の自宅で父親と2人で暮らしているそうです。

今回は、みのもんたの子供達及び次男の事件を中心に見てみてきました。

やはり家庭環境は重要だと思いました。

躾を間違ったのではないかと思います。

いずれにしても、今後の活躍を見ていきたいと思います。

では、今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です