後藤久美子さんの子供時代・国民的美少女・オスカープロダクション


今回は、後藤久美子さんを採り上げたいと思います。
後藤久美子さんと言えば、かつて国民的美少女コンテストの火付け役となった女優さんです。

そしてつい最近、長女のエレナさんが、モデルとして日本で活躍することが報道されました。

そんな、後藤久美子さんについてまずは、プロフィールからです。

後藤 久美子さんのプロフィール

名前:後藤 久美子(ごとう くみこ)

本名:後藤 久美子

生年月日:1974年3月26日(43歳)

出生地:東京都杉並区

身長:161 cm

血液型:O型

職業:モデル、タレント、女優

活動期間:女優1984年 – 1995年

モデル・タレント:1984年 –

現在配偶者:ジャン・アレジ (1996年 – )

著名な家族:エレナ・アレジ後藤(長女)

ジュリアーノ・アレジ(長男)

事務所 オスカープロモーション

主な作品映画:『男はつらいよシリーズ』『ラブストーリーを君に』『ガラスの中の少女』『シティーハンター』

幼少期から美少女女優へ

後藤久美子さんは、東京都杉並区で生を受けました。
杉並区と言えば和田堀公演や善福寺川など自然が残る閑静な住宅地ですね。

そんな閑静な住宅地で生まれ、くまの幼稚園、区立大宮小学校、区立大宮中学校、多摩大学附属聖ヶ丘高等学校卒業しました。

後藤久美子さんと言えばまだ、小さい自分から子役として芸能界で活躍して言いましたが、芸能界入りは、小学校5年生のときからモデルを皮切りに始めました。

【画像】テレビの国のアリス

そして女優としてのはじめは、1986年の、NHKの『テレビの国のアリス』でヒロイン役に抜擢されたのがキッカケです。

国民的美少女

後藤久美子さんと言えば国民的美少女と言うイメージが強いです。

彼女は、ただ綺麗なだけでなく女優としての賞も受賞しています。

第24回ゴールデンアロー賞 放送・新人賞を受賞。

このあたりから全国民の間に後藤久美子さんの美しさが認知されるようになり、この頃から彼女の認知が、「国民的美少女」と言う肩書きを持つようになりました。

このころ、後藤久美子さんと双璧を成す美人女優さんと言えば宮沢りえです。

後藤久美子さんと宮沢りえさんとは、同学年ということもあって仲が良く、また良きライバル関係でもありました。

そしてこの頃宮沢りえさんとは11歳の頃、キットカットのCMで共演歴があります。

【画像】後藤久美子さんと宮沢りえさんとのキットカットのCM
私的には、後藤久美子さんをまろやかにした感じが宮沢りえさんという感じを持ちました。

結構お茶目で笑顔もかわいらしい感じです。
一方後藤久美子さんは、そもそも笑わないですから。

オスカープロダクションが別格扱いする訳とは?

こうして後藤久美子さんは、ただの後藤久美子さんから「国民的美少女」後藤久美子さんと言われるようになったわけですが、これで恩恵を受けたのは、当時の所属事務所です。

この「国民的美少女」と言う言葉ですが、この様な言葉が出来ると人様は、すぐに賞を作りたくなるようで、今ではおなじみですが「全日本国民的美少女コンテスト」という美人コンテストまで開催されるようになりました。

でもやはりこれだけ大々的な物が出来るきっかけを作り成功に導くには、それだけ話題性がなければなりません。

その一番の功績になたのが後藤久美子さんとでした。
ちなみに歴代の受賞者で有名な方を私なりにピックアップしてみました。

藤谷美紀

吉田麻衣子

スポンサードリンク

細川直美

小田茜

佐藤藍子

米倉涼子

鈴木紗理奈

橋本マナミ

藤谷美紀さんや米倉涼子さんも受賞していたのですね。
このコンテストですが、主催がオスカープロモーションですが、後藤久美子さんがこのコンテストの旗振り役として活躍したおかげで、このコンテストは成功し美少女ブームの火付け役となりました。
その結果「全日本国民的美少女コンテスト」と言えば、オスカープロモーションと言われるようになり、この会社も知名度を獲得することが出来ました。
事務所からすれば後藤久美子さん様々でしょうね。
その頃より、後藤久美子さんは、愛称をゴクミと呼ばれるようになりました。

ゴクミの性格は?

現役で活躍していた頃より、イメージは素っ気ない態度と物言いでしたね。
それが、彼女の美貌と相まってやはり美人は素っ気ないのが、言い意味でマッチしていたような気がします。
顔を見れば解るように、かわいいタイプでなく正統的な美人タイプですね。

性格自体も、サバサバしていていつも落ち着いた感じのする女優さんです。

そうですね、ブラウン管からのイメージですが狼狽してうろたえるような感情をむき出しにしているようなことは無かったように思います。

そして、いつも言動は、ハッキリとものを言うタイプのようです。

記者会見でもそのイメージ通りで、通常女優さんが記者会見の時はにこやかに笑みを浮かべて受け答えするのが通例でしょうが、ゴクミさんは、いつもなどでも笑顔をみせず素っ気なく答えるのが通例でした。
良くも悪くも地のまんまですね。

その態度が時に、バッシングの的になったこともありました。

しかしたぶん本人は、悪気など無くただ単に質問に受け答えしただけに過ぎないのではないかと、思います。

「ゴクミ語録」

そんな、後藤久美子さんですが、後に後藤久美子さんのそのような言動が「ゴクミ語録」と呼ばれるようになり出版までされました。

【画像】「ゴクミ語録」
そんな後藤久美子さんですが、ご自身の性格について以下のように仰っています

「協調性がない分、孤独でも順応性が高い」。

中学生当時はその協調性のなさから、共演者との軋轢や批判を生んだようだが、現在はそれが外国生活に活かされている。

とのことのようです。

ご自身のことよくわかっているようですね。

では、今回はここまでにしたいと、思います。

続きは以下のページになりますのでどうぞよろしくお願いします。

「後藤久美子さん・若い頃・タイ人とのハーフ・整形疑惑?」

「ジャン・アレジとの馴れ初め・略奪愛・後藤久美子さん・現在は?」

「後藤久美子さんの夫ジャン・アレジさんの若い頃・F1レーサーになるまで」

「後藤久美子さんの旦那ジャン・アレジ ・事実婚について・現在は?」

後藤久美子さんの子供 3人・長男ジュリアーノ・F1選手に?」

「後藤久美子さんの息子の画像・次男ジョン・子育てポリシーとは?」

「後藤久美子さんの 娘(長女)エレナ・画像・老けてる・残念・身長」

では、今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*