松たか子さんの華麗な家系・芸能界デビュー画像・ショート・映画


前回、松たか子さんの生い立ちや性格についてのエピソードを紹介しました。

今回は、松たか子さんのご家族の一端と芸能界デビューについて見ていきたいと思います。

松たか子さんの華麗な家系

ご存じの方も多いと思いますが、松たか子さんのお父さんとお兄さんは共に歌舞伎役者です。

お父さんは、歌舞伎役者の松本幸四郎、兄も同じく歌舞伎役者の市川染五郎です。

松本幸四郎さんと言えば歌舞伎はもちろんですが、ドラマや現代劇やミュージカルなど幅広く活躍されている、歌舞伎界きっての大看板です。

今は、ミュージカル「アマデウス」で宮廷音楽総監督のサルエリ役で出演しています。

【画像】アマデウス
私はこの作品を映画で見ました。

ちなみにこのアマデウスという題名ですが天下の大音楽家モーツアルトの事なんです。

モーツアルトは、正式名がウォルフガング・アマデウス・モーツァルトというのが正式な名称です。

ちなみにお兄さんの市川染五郎さんですがさきほどの「アマデウス」に共演していて染五郎さんは、モーツァルトの役です。

親子共演ですね。

後、染五郎さんは、皇族の役をよくしていたように思います。

歌舞伎役者が天皇や皇族の役をするのは、歌舞伎界ではよくあるそうです。

ちなみに染五郎さんは、以下の番組でそのような役をしています。

代表的な物ですが。

【画像】八重の桜
八重の桜(2013年) – 孝明天皇 役

こちらは古すぎて画像が見あたりませんでした。

天皇陛下の野球チーム(1990年) – 摂政宮裕仁親王 役
この「天皇陛下の野球チーム」昔テレビで見た記憶があります。

まだかなり若いときでしたが。

それだけでなく姉も女優をされています。
松たか子さんの姉さんは松本紀保さんという女優さんです。

ちなみに旦那さんは水谷豊さん主演の「相棒シリーズ」で伊丹警部役をされている川原 和久さんです。

【画像】川原 和久
かなりインパクトのある役なので記憶されている方も多いのではないでしょうか。

こうしてみていると完全無欠の芸能家族ですね。

まあこうしている次に書く松たか子さんの芸能かでビューについてですが言わずもがなのような気がしますが。

松たか子さんの芸能界デビューの経緯

次は、松たか子さんの芸能界デビューについてです。

前回松たか子さんの性格についてのエピソードについて見てきましたが、幼い頃からアイドル好きで、かなり凝っていた事について書いてきました。

家族も全て芸能一家でしかも歌舞伎の名門一家ともなれば芸能界デビューですが、もしたか子さんが男の子であれば本人が望むと望まざれども時期が来れば周りがお膳立てして初舞台を踏む事が歌舞伎界の慣わしです。

同じ歌舞伎界で市川海老蔵さんの子供さんの勸玄くんですが3歳で初舞台を踏んでいます。

当然この年齢ですので本人の意志ではありません。

周りが決めて舞台に立たせるわけです。

しかし、松たか子さんは、悲しいかな女性です。

女性は、歌舞伎の世界で跡を継ぐわけにはいかないのですが、そこはそこやはり芸能界の強力なパイプを持っているので、本人の強い意志があれば親がそれを了承すれば可能性は通常の人がデビューするよりかは容易であると思います。

で、松たか子さんは、1993年(平成5年)当時16歳の時に、歌舞伎座の『人情噺文七元結』で初舞台を踏みました。

【画像】人情噺文七元結

この作品ですが、落語家の三遊亭圓朝の創作落語の内の一つだそうです。

内容は、人情噺だそうです。

特徴としては、登場人物がやたら多くて、しかも公演時間が長いためそれだけでも全く初めて舞台を踏むにはハードルが高い作品です。

しかも登場人物が多いと言う事は、その方々の台詞もある程度頭に入れておかなければなりません。

そうでなければ自分がどのタイミングで台詞を言わなければならないか解らなくなりますからね。

しかもこの作品は人情話でありベースが落語のため可笑しくもなければなりません。

つまり笑って泣く作品です。

私の感覚では、藤山寛美さんが演じた舞台のような感じではないかと想像しました。

そのような作品のために歌舞伎界でもこの作品が出来れば一人前と言われている登竜門的な作品のようです。

その登竜門を女性で登ったそうです。

初でビューした翌年1994年(平成6年)にはNHK大河ドラマ『花の乱』でテレビドラマに初出演しました。

【画像】花の乱

『花の乱』と言えば名女優の三田佳子さんが主演し、その相手役が歌舞伎界の大物市川團十郎さんが出演した作品です。

これだけでもかなりの作品で、前作が初舞台を踏んだ新人が通常出演するような物ではないと思うのですが、やはり初演を完全に演じきったからでしょうか。

また翌年の1995年(平成7年)には同局のドラマ『藏』で主演しました。

スポンサードリンク

【画像】藏

やはり歌舞伎界はNHKに対しての影響力が大きいからでしょうか?

この頃から他のテレビ局のドラマ・舞台等に出演し女優としての腕を磨いていったようです。

彼女の場合は、容姿と実力そして歌舞伎界の名家と言うブランド力これだけあれば十分ですね。

今まではかなり大きな作品に出てきましたが、その後民放のトレンディードラマにも出演しています。

1996年(平成8年)の『ロングバケーション』

【画像】『ロングバケーション』
1997年(平成9年)の『ラブジェネレーション』

【画像】『ラブジェネレーション』
2001年(平成13年)の『HERO』

【画像】『HERO』
よく見ればすべて、フジテレビ系列の月ゴーデンタイムのドラマですね。

この時間帯は、どのテレビ局も最も力を入れているのは周知の通りです。

その証拠にこの時全てのドラマですが、相方として出演しているのが木村拓哉さんです。

そういった事も効を成したのか視聴率は、30%前後だったそうです。

今は、30%超えの作品なんてほとんど見かけませんね。

松たか子さんのショート姿・映画の画像

最後にですが、松たか子さんの画像でシュートカット姿と映画の画像がネット上でよく検索されているようですので、いくつか掲載したいと思います。

【画像】松たか子さんの画像ショート

【画像】松たか子さんの画像・ 映画

次回は、松たか子さんのご両親についてもう少し詳しく見ていきたいと思います。

では、今回はここまでにしたいと、思います。

今回の前の記事については以下の頁にございますのでどうぞよろしくお願いします。

「松たか子さんの生い立ち・性格は?・意外とおじさん?昔の画像」

続きは以下のページになりますのでどうぞよろしくお願いします。

「松たか子さんの父親は・松本幸四郎の生い立ち・母親はどんな人?」

「松たか子さんの姉妹は松本 紀保?・画像は?・旦那はどんな人?」

「松たか子さん旦那は佐橋佳幸?・馴れ初め・どんな人・写真は?」

「松たか子さん子供は何人?名前は?画像は?・幼稚園は?ダウン症?」

では、今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*