尾木ママ・尾木直樹の子供・娘はグレ?学校・年齢・名前・画像・子供4人?


今回は尾木ママについて紹介させて頂きます。

尾木ママと言えば教育評論家で、オネエ言葉で一躍有名になりました。

そんな尾木ママの子供や結婚、子供時代について取り上げていきます。

 

結婚しているの?

 

尾木ママは、1947年生まれでもう70代なんですね。

そんな尾木ママですが結婚しているのでしょうか?

調べてみた所、1973年に結婚しているようです。

テレビで画像も公開されているようです。

その時の奥様の写真はこちら

 

凄く明るそうな奥さんですね。

スポンサードリンク

尾木ママもまだ若いですが、今の面影があります。

 

どんな奥さんなの?

 

そんな尾木ママの奥様ですが、どんな性格の人なのでしょうか?

 

ドジ、どんくさいだけではテレビタレントは無理

そこに輝きがないと…

人々はそのキラリにひかれ、癒されるのではないでしょうか?

実は

ボクの奥さん

超「天然」ニコニコ

引用:オギ♡ブロ

「天然」系の性格の人には癒されますので、尾木ママも奥さんから癒しをもらっているのでしょうか?

 

子供はいるの?いたら何人なの?

 

天然の奥様と長い間夫婦として過ごされている尾木ママですが子供は何人いるのでしょうか?

調べた所

1979年に長女

1985年に次女

が産まれて子供は2人の様です。

 

子供の名前や年齢は?

 

それでは娘2人の名前や年齢を調べてみました。

残念ながら名前は分かりませんでした。

年齢は2018年現在

長女は39歳

次女は33歳です。

既に孫も3人いるようです。

 

子供の学校は?

 

子供の学校はどこなのかを調べてみましたが、

残念ながらわかりませんでした。

 

娘がグレたとのうわさが?

 

どうも尾木ママの娘がぐれていたとのうわさがあります。

テレビしくじり先生で子育てをしくじったとカミングアウトしたようです。

尾木直樹さんは、長女のことを、保育園の頃からおとなしくて手のかからない、親にとって楽な子だと思っていたそうです。

特に強く禁止したわけでもないのに、テレビも見ず、お菓子も食べないという娘さんで、小学校に上がるまでに見たテレビの時間はトータル4時間という、規律正しい娘さんでした。

そんな娘さんは、高校3年の時に初めて「美大に行きたい」と自己主張をします。

スポンサードリンク

しかし、尾木直樹さんは美術で生活するのは大変なことだから、総合大学へ行きなさいというアドバイスを受け、言われた通りに総合大学へ進学します。

ただ、ここで娘さんの何かが切れてしまったそうで、大学2年の朝方、部屋でバラエティを見ながらお徳用チョコレートを食べ散らかしているという長女の姿に遭遇します。

驚いて理由を聞くと、テレビを観なかったりチョコレートを勧められても断れば、お父さんが嬉しそうな顔をしたから、と泣きながら訴えたそうです。

そして現在、長女が孫を自由に育てている姿を見て、尾木直樹さんは自身の子供の育て方が間違っていたのだという主張をされているように感じたそうです。

引用:MOTOMEDIA

 

教育者の娘という事が知らないうちにプレッシャーになってノビノビと生活できなかったのかもしれませんね。

 

次女に対しても失敗したと思われているようです。

尾木直樹さんが育て方を失敗したと思っているのは長女だけではなく、次女に対しても同じように失敗があるそうです。

次女は長女と比べてかなりの自由人に育ち、中学時代には半年間で3回学校に呼び出されるほど問題児になってしまったそうです。

たとえば、次女は消火器がどうなっているか気になり、尾木直樹さんにその仕組みについて尋ねたのだそうです。

尾木直樹さんは娘の質問には答えずに、泡が出て片付けも大変だから、消火器には絶対に触らないように注意します。

しかし、次女は消火器から泡が出るのは本当かどうか知りたくなり、消火器を噴射し、学校から呼び出され、駆けつけた尾木直樹さんに対して「お父さん粉が出た!」と報告したのだそうです。

この他にも中庭を見たら花火を打ち上げたくなったから、という理由で、教室から中庭に向かって花火を打ち上げたこともあります。

引用:MATOMEDIA

 

ただ、二人ともグレた訳ではないようですね。

長女は少し抑圧しすぎた、次女は放任過ぎたという所でしょうか?

何にしても子育ては非常に難しいですね。

 

子供たちの画像は?

 

そんな尾木ママの娘たちの画像はあるのでしょうか?

調べたのですが残念ながらありませんでした。

 

尾木ママの子供時代は?

 

そんな尾木ママの子供時代はどうだったのでしょうか?

お母さんが学校の先生でいつも読書をしていた少年だったようですね。

母親がかつて小学校の教員だったので作文の指導を受けたり、図書室の本を全部読んだりしていたので国語は得意でしたね。

小学校時代は家で勉強したことがなかったので、中学に入ったらクラスに家で勉強をする女の子がいて驚いたくらい、のんびりした子供時代でした。

引用:話の肖像画

今の尾木ママを象徴するというか想像できるような少年時代ですね。

お母さんが学校の先生という事も尾木ママが教育の道に進んだ要因の一つかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

関連記事



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*