古谷一行の息子バンドdragon ashドラゴンアッシュの嫁は?名前・俳優・画像は?


今回取り上げたいのは、古谷一行さんの息子さんです。

古谷一行さんと言えば、今NHKの朝ドラ「ひよっ子」の主人公、谷田部みね子の祖父の役で出ています。

舞台となる時代は今回でなく前回の東京オリンピックが行われた1964年前後です。

私も毎朝楽しみに見ています。

見ていて時代を感じます。

やはり時代に勢いがあり、日本人が明日に対し希望を持って日々暮らしていた時代です。

今の日本はその正反対明日に希望が無く暗くよどんだ雰囲気でそれから考えればあの当時はエネルギッシュでありますがどこか長閑な感じがします。

それが羨ましくもありますがその雰囲気が画面から伝わってきます。

それが懐かしく又主人公を始め周りの俳優さんもがんばっている感じがいいです。

で、その中の古谷さんですが、いい感じです。

実は私事ですが、私は古谷さんを生で見た事があるんです。

と言うのも、私の職場がかつて古谷さんと鈴木保奈美さんが訪れた事がありました。

と言うのもNHKのドラマ「わたしをみつけて(2015年11月24日 – 12月15日)」の撮影協力を職場がしていたので挨拶に来られたと言う事がありました。

ちなみにそのドラマでは、菊地勇 役として古谷一行さんがされていたのですがやはり生で見た、古谷さんはすごかったです。

一言で言えばかっこよいの一言に尽きます。

まあそう見れば今回のドラマでは百姓役ですからこんな格好いい百姓いるのかなと言うツッコミがあるのですが。

まあそんな古谷さんですがまずはプロフィールからです。

古谷一行さんのプロフィール

フリガナ  フルヤ イッコウ
名前    古谷 一行
性別    男性
生年月日  1944/1/2
星座    やぎ座
血液型   A型
身長    170cm
出身地   東京
出身校   東京都立板橋高等学校卒 中央大学法学部卒
ジャンル  俳優

代表作

混浴露天風呂殺人シリーズ (テレビ朝日) 左近太郎役/1982年 混浴露天風呂殺人シリーズ (テレビ朝日) 左近太郎役/1982年 金曜日の妻たちへ (TBSテレビ)/1983年 金田一耕助シリーズ (TBSテレビ) 金田一耕助役/1983年 盲人探偵松永礼太郎シリーズ (日本テレビ) 松永礼太郎役/1993年特技    テニス ゴルフ ギター趣味    テニス ゴルフ ギター

関連人物  降谷 建志(Dragon Ash) / 長男

本名は、古谷一行(ふるやいっこう)ではなく(ふるやかずき)と読むらしいです。

こうしてみているとサスペンスや昼ドラ多く出ていましたね。

金田一シリーズもそうですね。

あと失楽園のドラマ役で男の方の主人公ととして今は亡き川島なおみさんと共演していました。

映画版では役所広司さんが、その役をやっていてその当時一大ブームになった事を覚えています。

名前の漢字はそのままで読み方が違うんですね。

次に子供さんですが息子さんがおられます。

息子さんは、降谷健志(ふるやけんじ)さんです。

かなり有名なミュージシャンのようですね。

後の項目で書くのですが、奥さんがグラビアモデルのMEGUMIさんと聞いて二度びっくりです。

では古谷一行の息子降谷建志さんのプロフィールです。

上記で、古谷一行さんの息子さんが降谷健志さんで、奥さんがグラビアモデルのMEGUMIさんと言う事については触れましたが詳しくは述べておりませんので、以下で詳しくお知らせしたいと思います。 

どうぞよろしく。

 

降谷健志さんのプロフィール

名前:降谷健志
本名 : 古谷健志(ふるやけんじ)
生年月日:1979年2月9日生まれ
職業:ミュージシャン Dragon Ashのボーカル、ギター、作詞・作曲
出身地:東京都出身
出身校:青山学院中等部卒 青山学院高等部中退 代々木高等学校(通信制)卒業

古谷一行の息子バンドDragon Ashについて

スポンサードリンク

音楽の業界の変遷的に見て音楽業界の全盛期のピークだった1945年を過ぎて斜陽化に向けて動き出した1997年に旗揚げしたバンドです。

今まで音楽業界にあるジャンル通りにしていては斜陽化の波にのまれて落ちていくしかありません。

そこで今までのジャンルに他のジャンルを取り入れる事で、新しさを出す戦略をとったようです。

だからロックやパンクなど色々なジャンルの音楽を取り入れた物のようですね。

それと日本の音楽界に新しい分野(HipHop?)を取り入れたと言われています。

まあ色々な音楽が楽しめていいのではないかと思います。

またDragon Ashと言う名前少し変わった名前だと思って少し調べてみました。

“drag on ash”(だらだらしていたら灰になる)という意味を込めているという説があるそうですがどうも違うみたいですが、降谷健志さんがドラゴンボールが好きみたいで、そこからと”drag on ash”(だらだらしていたら灰になる)をかけて名前にしたみたいです。

ただはっきりしないですが。

降谷健志さんは、親の力を頼らずに芸能活動を開始したみたいです。

だから名前も、名字の古谷を→降谷に一文字変えて芸名にしたそうです。

まあ、顔も違って見えますしジャンルも俳優でなく音楽を採用したのも理由みたいです。

本当に芸能界で生き残りたければ実力がなければ生き残れない世界ですからいい心がけと思います。

なんか他の芸能人の息子さんでもよく見かけます。

この様なタイプ政治家の二世議員さんも見習ってもらいたいです。

 

古谷一行の息子の嫁さん(MEGUMI)?

 

古谷一行の息子の嫁さんはズバリMEGMIさんです。

MEGMIさんといえば小池栄子さんと同じイエローキャブに所属されているタレントさんですね。

すごくスタイルがいいので覚えています。

ではMEGUMIさんについて簡単なプロフィール。

 

MEGUMIさんのプロフィール。

本名: 古谷 仁(ふるたに めぐみ)
旧姓: 山野 仁(やまの めぐみ)
愛称: めぐたん、ジン、ジンちゃん
生年月日: 1981年9月25日
出身地: 岡山県倉敷市
血液型: A
身長: 158 cm
体重: 非公開
デビュー: 1999年

MEGUMIさんは1981年9月25日に島根県松江市で生まれ、岡山県倉敷市で育ちました

MEGUMIさんの本名の由来は、両親が男の子が欲しかったため予め”仁(じん)”という名前を考えていたそうです。

神話の町松江で生まれたそうですが、私は今回の事で知りました。

プロフィールで興味を持ったのはやはり名前でしょうか。

”仁”という漢字を”めぐみ”と呼ぶのは完全に当て字だと思います。

男の子が欲しかったから急遽読み方でごまかしたみたいですね。

そのせいか物言いや性格的にズバッと物を言うような男性的な性格になったのかなと考えたりしています。
でもそれが彼女の魅力でもありますが。

 

降谷健志さんとMEGUMIさんとの馴れ初め、結婚、子供は。

 

元々MEGUMIさんが、Dragon Ashの大ファンだったようです。

MEGUMIさんが入院中にテレビを見ていて気に入ったようです。

で、ここからがMEGUMIさんの男性の性が大胆発揮。

ライブに押しかけ呼ばれてもいないのに楽屋に押しかけ挙げ句の果てに呼ばれてもいないのに打ち上げにまで分け入って参加したみたいです。

そして後はMEGUMIさんの押しの一手で並み居るライバルを蹴落とし降谷健志さんとの間に2009年2月6日には第一子となる長男・凪くんを出産までしています。

そして2008年7月7日にMEGUMIさんの念願かなってめでたくご結婚。

いややるときは一気呵成になりふり構わず一つの道を駆け抜ける私たちも見習いたい物です。

人間どんなジャンルでもトップを取る人間はこの様な行動が出来る人だと思います。

古谷一行さんもこれでめでたくおじいちゃんになって本当に朝ドラ通りに言っちゃったようです。

これからの活躍を見ていきたいと思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)