加山雄三の息子の活躍ぶりがスゴイ!池端信宏・長男は花火師で、次男・山下徹大は俳優で活躍!

Pocket

今回は、加山雄三さんを採り上げます。

加山雄三さんと言えば「若大将シリーズ」が有名で、俳優としても活躍されましたが、歌手としても有名です。

又父親も、俳優の上原謙さんと言う芸能一家です。

 

【画像:HMV&BOOKS

 

近年では、愛船の光進丸が焼けて落胆している姿でマスコミの注目を浴びました。

そんな、加山雄三さんですが、お子さんはどんな物でしょうか?

加山雄三さんの2人の息子について見ていきましょう。

①加山雄三の子供は4人

 

加山雄三ですが、子供はいるのでしょうか?

調べるといるようです。

加山雄三さんは、嫁(妻)の松本めぐみさんとの間に4人の子供がいます。

内訳は、長男・次男・長女・次女の4人です。

ちなみに、加山雄三さんのお子さんは4人と書きましたが、実は、奥さんとの間には、この4人以外に流産を4回経験しているそうです。

 

【画像”PR TIMES

 

もし流産していなければ、合計8人のお子さんが居る大家族の長になっていたわけです。

今では中々見かけない大家族ですね。

 

②加山雄三の長男のプロフィール

 

では、具体的にそれぞれの子供達について見ていきます。
まずは、加山雄三の長男から詳しく見ていきます。

 

(1)名前

 

次に、子供の名前ですが、以下の通りです。

第一子・長男の名前は、”池端信宏さん”と言います。

加山雄三さんの本名は池端 直亮(いけはた なおあき)さんなので、長男は池端姓です。

 

(2)誕生日

 

では次に誕生日が気になるところです。

以下のとおりです。

第一子・長男の誕生日は、1972年です。

7月14日生まれという説もありますが、

誕生日について公開されていないので不明です。

 

(3)年齢

 

次に年齢ですが以下のおりです。

第一子・長男の年齢は、49歳(2021年の誕生日で)です。

加山雄三さんが1937年生まれなので、長男は35歳のときに生まれた第一子です。

 

(4)顔画像

 

加山雄三さんの長男の顔はどんな顔なのか画像を調べるとありましたので、掲載します。

 

【画像:芸能人の子供名前障害特集

なかなかのイケメンです。

 

【画像:長岡市

 

長男の池端信宏さんは草彅剛さんや堺雅人さんに似ているような気もします。

 

(5)学歴

 

次に、加山雄三の長男が通った学校について興味がありました。

そこで調べてみました。

加山雄三さんは慶應大学を卒業しているので、慶應に通っているのでしょうか。

そこで調べてみました。

 

(5-1)ソルトレイクシティに留学

 

調べた結果、慶應義塾幼稚舎、普通部を出て、16歳のときに【ユタ州ソルトレイクシティに留学】しているようです。

ソルトレイクシティで音楽を勉強したようです。

 

③加山雄三の息子である池端信宏は一体どのような人物なのか

 

16歳でアメリカ・ソルトレイクシティに留学した長男の池端信宏さんは音楽を勉強したようですが、どのような人なのでしょうか

 

(1)アルバム「フライング・ハイ」でミュージシャンとしてデビュー

 

長男の池端信宏さんは1995年23歳のときに、父のバンドの一員でもあった喜多嶋修のプロデュースで「フライング・ハイ」でCDデビューします。

 

【画像:Amazon

 

ポニーキャニオンから発売されましたが、現在は廃盤になっています。

 

「アメリカに暮らす若い作曲家のデビュー・アルバム。
分かりやすいメロディとオリエンタルな香りも加えたサウンドは、父・加山雄三と共通するジャンルを越えた美しさがある。
編曲の喜多嶋修の影響も強く、独創性はまだないが将来性は感じられる。

 

引用:CDジャーナル

 

10曲入ったアルバムで楽器がキーボードを奏でて作曲しています。

 

(1-1)音楽家になるきっかけは

 

長男の池端信宏さんが音楽をはじめるきっかけはなんだったのでしょう。

どうも小学生の頃から音楽の才能はあったようで、加山雄三さんと奥さんの会話では、

 

「「ピアノ習わした方がいいかしら?」
「そんなものは自分でやる気になったら習わせればいい、将来音楽家として、ピアニストとして育てるならば、3歳ぐらいからやらさないとダメだけど・・・」と、いうような話をしました。

 

引用:加山雄三・池端信宏トークショー

 

16歳でアメリカに留学しますが、小学生の頃から音楽の才能があったので、それがきっかけになったのかもしれません。

 

(1-2)歌手をやめた理由

 

長男の池端信宏さんはキーボード奏者として何枚かアルバムを出していますが、歌手として活動はしていないようです。

音楽をやめたのかどうかわかりませんが、いろんなジャンルにチャレンジしています。

 

(2)会社経営を行っている

 

池端信宏さんはコンピューター・グラフィックと音楽・ファイヤーワークを事業とする株式会社ノブコーポレーションという会社を東京の南青山で経営しています。

マルチな才能を生かしていますね。

 

(3)花火師としても活躍

 

ちょっと変わったところで、花火師とありますが、隅田川の花火大会などすぐに頭に浮かんできますが、実は、2016年のリオオリンピック・パラリンピック開会式で花火を演出したと言うかなり大きなイベントで活躍している花火師のようです。

世界規模ですね。

しかし、元々から花火師になろうとしたわけでなく、元々は、父親の加山雄三さん同様に歌手になろうとしたそうです。

しかし、芽が出なかったようで、挫折して方向転換して花火師となりその世界で開花したそうです。

偉大な父がいる二代目は、大変です。

 

【画像:男性自身

 

どうしても先代と比較されますから。

違うジャンルで活路を開いたのは正解かもしれません。

 

(3-1)花火師としての評価・業績

 

池端信宏さんは長岡花火大会の総合プロヂュースやリオオリンピックの開会式で花火演出をしたり、国際的にもとても高い評価を得ています。

 

 

リオオリンピックの演出が池端信宏さんだとは知らずに感動している方もおおかったのではないでしょうか。

 

 

国内の花火大会でも演出方法が豊富で本当に魅せられてしまいます。

 

④結婚

 

池端信宏さんが結婚しているか公式には発表されていませんが、

 

「嫁は一般人であるため、個人を特定できるような名前や画像などは公表されていません。

しかし、池端信宏さんが「徹子の部屋」に2009年に出演した際、少しだけ馴れ初めが語られました。

友人の花火師が開催した花火大会で出会い、交際がスタートたそうです。

黒柳徹子さんが「可愛いお嫁さんだった」と言っていたので、黒柳徹子さんと嫁は面識があるのかもしれませんね。

 

引用:NewSee

 

という情報もありますので、結婚はしているかもしれません。

子供がいるのかどうかはわかりませんでした。

 

⑤親子仲

 

長男の池端信宏さんと 父の加山雄三さんの親子仲については特に情報はありませんが、ないということは仲良くやっているのではないでしょうか。

リオオリンピックの開会式の花火演出に関わったことで、東京でも関われたらいいねと加山雄三さんは長男に向かって言ったそうです。

自慢の長男かもしれません。

 

⑥加山雄三の次男のプロフィール

 

では引き続き、次男に付いてみていきます。

次男は俳優をされています。

 

【画像:僕と私と芸能人

 

名前を聞いてもぴーんと来ない方もいるかもしれませんが、顔を見ると見覚えがあるという方も多いのではないかと思います。

毎年2・3本ドラマや芝居などに出演しているそうです。

一時は、タレントの鈴木蘭々さんを夜もヒッパレというテレビ番組で口説いた相手ではないかと噂になりました。

ただはっきりした事は不明のようです。

ちなみに、まだ結婚はされていなく独身のようです。

 

(1)名前

 

次に、子供の名前ですが、以下の通りです。

第二子・次男の名前は、”山下徹大さん”と言います。

名前を聞いてもぴーんと来ない方もいるかもしれませんが、顔を見ると見覚えがあるという方も多いのではないかと思います。

 

(2)誕生日

 

では次に誕生日が気になるところです。

以下のとおりです。

第二子・次男の誕生日は、1975年8月8日です。

加山雄三さんが1937年生まれなので、次男は38歳のときに生まれています。

 

(3)年齢

 

次に年齢ですが以下のおりです。

第二子・次男の年齢は、46歳(2021年の誕生日で)です。

お兄さんとは3歳年下です。

 

(4)顔画像

 

では、次男はどんな顔をしているのでしょうか?

 

スポンサードリンク

【画像:Style with Story

 

クールな感じのイケメンです。

 

(5)学歴

 

次に、加山雄三の次男が通った学校について興味がありました。

そこで調べてみました。

調べた結果、【慶應幼稚舎から慶應義塾大学】まで一貫して慶應のようです。

加山雄三ファミリーはみんな慶應出身のようです。

お父さんの加山雄三さんも慶應大学出身ですもんね。

 

⑦俳優の山下徹大も加山雄三の息子として知られている

 

俳優をしている山下徹大さんは芸能界二世タレントとして、加山雄三の息子として知られています。

 

【画像:僕と私と芸能人

 

山下徹大さんが俳優として活躍している出演番組やきっかけなどを見てみましょう。

 

(1)2019年1月18日まで山下徹大として活動を行っていた

 

山下徹大さんは慶應義塾大学に通っていた19歳のときに日本テレビ系列の 瀬戸朝香さん主演の「終らない夏」でデビューしています。

このドラマは瀬戸朝香さんと結婚したV6のイノッチも出演しています。

 

(2)俳優になるきっかけは

 

山下徹大さんが俳優となるきっかけはなんだったのでしょうか。

 

「親父にとって一番大切なのは音楽であって、ぶっちゃけ言うと芝居はあまり好きじゃなかったようです。でも、僕は高校生になる頃から、演じることに興味が湧いていました。

 

引用:現代ビジネス

 

やはり父親の姿をみているうちに演じることに興味が湧いてくるのでしょう。

 

「1992年、親父が日本テレビの『24時間テレビ』でテーマソングの『サライ』を作ったときに、ゲスト出演したアート・ガーファンクルが見たくて、募金を持って武道館へ行ったんですが、それを見かけたディレクターの方が、『ドラマに出てみないか』と親父の事務所に連絡をくれたんです。

 

引用:現代ビジネス

 

きっかけは武道館にたまたま行ったことだそうです。加山雄三さんの息子ということで、ディレクターさんも気にはかけていたのでしょう。

 

(3)山下徹大が加山徹に変名した経緯と経過

 

19歳でデビューしたときは山下徹大という名前で俳優活動をしています。

その理由については、

 

「とんとん拍子にデビューが決まるが、徹は父との関係がまったく見えない芸名にすることにこだわった。

「山下という芸名にこだわりがあったわけではないんですが、加山にするのは絶対いやだったんです。

小さい頃から、加山雄三の息子というレッテルで見られて、自分自身が消えてしまうような感じがいやで、それが、芸能界に入ってからも続くことには抵抗がありました。

 

引用:現代ビジネス

 

父・加山雄三の名前を取るのは二世俳優としては嫌だったのでしょう。

ちなみに加山雄三さんの芸名の由来は、

 

「加賀(百万石)・(富士)山・英雄・小林一三」から一文字ずつ拝借した。

 

引用:スポニチアネックス

 

と頂点をとっているものから名付けたそうです。

ちなみに小林一三さんは、加山雄三さんが所属していた東宝の親会社の阪急電鉄のオーナーです。

そんな加山雄三の息子というレッテルから、加山を名乗らなかったのに、2018年6月に加山徹に改名しています。

その理由は2018年4月に炎上した加山雄三さんの愛船「光進丸」にあったようです。

停泊中だった愛船は炎上し、3日後に沈没してしまいます。

加山雄三さんは愛船の炎上よりもまず家族やスタッフの安否を確認したそうです。

しかし、その後加山雄三さんは寝込んでしまいます。

その後、看病の結果、ハワイでコンサートができるまでに復活します。

そんな父の姿を見て、

 

「親父のすさまじいまでの気力を見せられたときに、『俺は、この人の息子であることを誇っていていいのではないか』と思いました。変に意識したり、気にしたりすることはない。人の目を気にすることなく、素直に親父を誇りに思う。それでいいんじゃないかと」

それから、2ヵ月後の6月。徹は、両親を前に、「加山の名前を継がせてほしい。芸名を加山徹に変えるつもりだ」と伝えた。

 

引用:現代ビジネス

 

と尊敬する父の「加山」という芸名を継いだそうです。

 

(4)主な出演作

 

19歳から俳優活動をしている加山徹さんの出演作を見ていきましょう。

 

(4-1)「特捜9」

 

テレビ朝日系列の「警視庁捜査一課9係」シリーズの続編として、井ノ原快彦さん主演で放送された刑事ドラマです。

 

【画像:テレビ朝日

 

山下徹大さんは最終話「3つの時の殺人」に組織犯罪対策部 第三課課長の安達芳男役で出演しています。

 

(4-1-1)ストーリー

 

特捜9はSeason4まで放送されています。

Season2の最終話に出演していますが、その最終話のストーリーを紹介します。

 

「高森徹也法務大臣(中原丈雄)が◎害されたという一報が入り、浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班は現場に急行する。

ところが、刺◎されていたのは高森の妻・静江(藤井かほり)で、一同は混乱する。

1年前の合同捜査で9係を解散に追い込んだ組対の安達芳男課長(山下徹大)は、早くも凶器と思われるナイフを発見する。

しかし、監察医・早瀬川真澄(原沙知絵)の解剖と鑑識・佐久間(宮近海斗)の鑑定から、犯人の偽装が発覚する。
そんな折、直樹と班長・宗方朔太郎(寺尾聰)は神田川警視総監(里見浩太朗)から呼び出される。
宗方によると、2つの事件は共に高森が関わっているというのだが、いったい5年前、宗方に何があったのか!? そして9係の解散と高森の関係とは!?
組対というのは、組織犯罪対策部第三課で主に暴力団等の組織犯罪などを担当する組織だそうです。
(4-1-2)主な出演者

 

特捜9にレギュラー出演している俳優さんたちを紹介します。

 

・浅輪直樹(井ノ原快彦)警視庁捜査一課特別捜査班主任。警部補。正義感が人一倍強く、曲がったことが大嫌いな性格。常に弱者に寄り添い、手柄とはほど遠い地道な捜査もいとわない。

・小宮山志保(羽田美智子)警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。特捜班のメンバーとの間には強い絆を感じている。特に村瀬に支えられた恩義から、彼に対する思いは強い。村瀬を心配しつつ、頼りにもしている。

・村瀬健吾(津田寛治)警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。自分の能力はキャリア以上と信じて疑わない自信家。志保とは恋を意識した時期もあり、彼女の活躍を陰で支えることを喜びにしている節も。

・青柳靖(吹越満)警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。反骨精神の塊のような男で、資産家と上流階級が大嫌いな皮肉屋。

・矢沢英明(田口浩正)警視庁捜査一課特別捜査班刑事。巡査部長。大らかな心で変わり者の青柳を受け止め、聞き役やサンドバックに徹することもできる一方、時には厳しく叱ることもできる。

 

引用:TVガイド

 

井ノ原快彦さんはじめ個性的な俳優さんたちが出演している刑事ドラマですね。

 

(4-2)「やすらぎの刻~道」

 

2019年4月からテレビ朝日系列で放送された「やすらぎの刻〜道」に加山徹として出演しています。

 

【画像:BS朝日

 

石坂浩二さんや橋爪功さんなど味のある役者さんたち揃い踏みという感じです。

 

(4-2-1)ストーリー

 

「やすらぎの刻〜道」は次のような物語のドラマです。

 

「菊村が手掛けるドラマ『道』は、山梨県の山間の村を舞台に激動の時代を生き抜いた無名の夫婦の物語――

前作で、老人ホーム『やすらぎの郷』に入居し、往年のスターらの様々な騒動に巻き込まれ、その人間模様を見つめてきた主人公で脚本家の菊村栄(石坂浩二)。今作『やすらぎの刻(とき)~道』は、菊村の執筆したシナリオ『道』が、新たに映像化されていく…という壮大な物語。

 

引用:山梨テレビ

 

倉本聡さん演出の日本の原風景をテーマにした壮大なドラマのようです。

 

(4-2-2)主な出演者

 

「やすらぎの刻〜道」に出演された俳優さんたちは多彩な顔ぶれです。

 

「【出演】清野菜名,風間俊介,岸本加世子,佐戸井けん太,佐藤祐基,宮田俊哉(Kis-My-Ft2),風間晋之介,平山浩行,風吹ジュン,橋爪功,石坂浩二,浅丘ルリ子,いしだあゆみ,加賀まりこ,八千草薫

 

引用:山梨テレビ

 

主題歌は中島みゆきさん。

倉本ワールドが広がるドラマです。

 

⑧結婚・子供は

 

加山徹さんは毎年2・3本ドラマや芝居などに出演しているそうです。

一時は、タレントの鈴木蘭々さんを夜もヒッパレというテレビ番組で口説いた相手ではないかと噂になりました。

ただはっきりした事は不明のようです。

ちなみに、まだ結婚はされていなく独身のようです。

 

⑨親子仲

 

次男の加山徹さんと父の加山雄三さんについては、改名の意気込みでも伝えたとおり、偉大な父の加山姓を名乗り、父の偉大さを改めて感じて、活動していくと宣言したくらいなので父を尊敬していることは間違いありません。

 

【画像:現代ビジネス

 

息子からここまで言われたら、加山雄三さんとしてもうれしいことでしょう。

 

⑩世間の声

 

加山徹さん(山下徹大さん)について世間の声を見てみました。

 

 

イケメンという声が女性からは。。。

 

 

演技力を認める方も多いようです。

 

⑪まとめ

 

加山雄三さんの長男、次男についてみてきました。

花火師、音楽家、映像、グラフィックデザインと多彩な才能をもち、クリエイターとして活躍する長男の池端信宏さん。そして俳優一筋で加山姓を受け継いだ次男の加山徹さん。

創る方と演じる方と道は違いますが、父の背中をみながら自分の思う道を進んでいるお二人のこれからの活躍が楽しみです。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

関連記事



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)